2020年02月04日

家族写真

来ましたね。ひさびさの感覚です。
なんて言うんだろう。
素通りできない感じ。
釘付けって、こういう時に使うんでしょうね。

オトナの土ドラ『パパがも一度恋をした』 第一話 “なんでおっさん!?”

「今期のオススメのドラマは何ですか?」
と職場で軽く聞かれて、真っ先に浮かんでるんだけど
「今はあんまり見てないんですよ」と
うやむやに答えてしまう感じ。
ドラマフリークの友達には真っ先に伝えたいけど、
万人にはちゅうちょしてしまう。こっそり楽しみたいドラマです。
基本、ずっと笑ってるんですが、
ほろ苦い一本筋がズーンと通っているので、
いつの間にかほろっとしていて。
新しいように見えて、どこか懐かしい感じがして。

長年、このページをのぞきに来て頂いている方に
「あぁ、ozy-さんは好きなんだろうなぁ」って思えてもらえたら本望です。

今ならFODが前回の第一話を期間限定見逃し無料配信をしているようなので
このページに来られるような稀有な方はぜひ。

FOD見逃し配信『パパがも一度恋をした

2020年になって、こんなに嬉しくなっちゃうドラマをお届けしちゃう
東海テレビさん、フジテレビ系列さんに感謝です。

posted by ozy- at 20:19| 千葉 ☀| Comment(0) | ドラマティックに恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

思い出が星になる

20年以上前の話になる。
よく ラブレターを送っていた。
レターというか、カセットテープだ。
その時の思いをラジオ番組やラジオドラマとして友達と作って、送っていた。
ちょっとした手紙もそえて。


映画【ラストレター

手紙というのは、
手紙の文面自体は忘れてしまっても、
送った時の風景はよく憶えていたりする。
クリスマスに届けたくて、
ギリギリまでMDで編集して
カセットテープにダビングして
雪が降る真夜中に地元の郵便局へかけこんで
速達で送っていたこともあった。

そんな自分のことばかりなラブレターだったが、
送りつけられた相手がそのラブレターを
大切にしてくれていたとしたら、
何度も触れていたと知ったら、
やっぱり泣いてしまうと思う。


『あなたに会えてよかった』
[出演]森七菜/小林武史 [編集・監督]岩井俊二

この映画を今の学生たちが観て
僕らが岩井俊二監督作品を初めて観た時のように
キュンとする気持ちを抱いていると
想像するだけで、また嬉しくなる。

posted by ozy- at 22:33| 千葉 ☁| Comment(2) | ドラマティックに恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

毎日がスペシャル

私事で恐縮ですが、昨年結婚しました。
前回の日記(5.19)に突然、奥さんを初登場させてましたが、この日記の存在も奥さんにカミングアウト済みなので、見ているかどうかは知りませんが、ひとまずここに書き記します。

結婚とか親の見送りとか、人生がわかりやすく変わると、子供の頃から聞いていた歌の印象というのも変わるものですね。
竹内まりやさんを劇場で観ながらジンジンと実感していました。



souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜

『家に帰ろう (マイ・スイート・ホーム)』では、こんなことを奥さんは思っているのかなぁと心温まっているところに、
『カムフラージュ』では歌の物語に入り込み過ぎて、不安な気持ちでドキドキが止まりません。

スクリーンの中で竹内まりやさんが歌っているのですが、
観ている私達は竹内まりやさんの向こう側の、その歌の世界を見渡しているような。
『駅』のイントロが始まって、曲の全てが終わる頃にはひとつの映画を観終えて
せつなさに打ちのめされている私がいました。

竹内まりやさんと山下達郎さんの関係性は昔から私の理想なのですが、
この映画でひとつのヒントをもらえました。
竹内まりやさんが達郎さんのことを一言で表すなら
“大親友”
という話されていて、あぁ、やっぱり
仲の良さ
が、惹かれていたんだなと、妙に納得して、嬉しくなっていました。

なんていうか、私も仲良く過ごしたいと思います。
posted by ozy- at 21:03| 千葉 ☔| Comment(4) | ドラマティックに恋してる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする