2017年04月01日

皆の中で 生きるのサ

どんちゃん(あ〜ちゃん)
"時々、本当にここが 私のいるべき場所なのかと 思う時がある"

木皿さん作品の根底に流れているテーマですよね。
誰もが ふと思うことを作品としてカタチにしてくれる。
見ている人にとって「今、一番 私の近くにいてくれる」
と思えるような、大切なドラマがまたひとつ生まれました。

ドラマスペシャル『パンセ
#脚本:木皿泉

のりぶう(のっち)
「いろいろさ。自分の思ってるのと違うかもしれないけど、
 でも、良い方に違うこともあると思うんだよね」

今の状況がどうしようもなくても、
この世界に入り込んでいる自分は
良い方に違う方向に進んでいける、
そう思うんです。不思議と。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック