2016年02月29日

畑の中で純米カップ酒を開ける音

森永「ガトーショコラ」をほおばりながら見ていた。
ひとかけら、口からこぼれた感覚をおぼえる。
辺りを見渡しても、チョコのかけらは見当たらない。
あきらめて立ち上がってみると、かけらは
すんなり見つかった。
つぶれてはいなかった。

ひとつの方向からは見えないものがある。
視点を変えてみると、案外近くにあったりする。
そんな夜だった。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 第7話

何週間ぶりでしょうか。
手嶌葵「明日への手紙」を聴きながら
気持ち良いくらい泣いたのは。

前回(2.25)と同じように、静恵(八千草薫)さんの言葉を
ノーカットでお送りしたい気分でいっぱいですが、
物語に関わり過ぎてしまうので控えます。

2011年夏に放送されたドラマ『それでも、生きてゆく』で作品として
伝えてきた思いが、5年が経った今
とてもわかりやすいカタチで
受けとることができました。

感謝の気持ちとあわせて、
これだけは私も言わせてください。

「おかえり」




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。