2015年10月18日

JOY

先日、お台場の日本科学未来館で行われた日本賞50年記念イベント
U18 ぼくらの未来〜伊藤穰一と中高生の白熱トークライブ〜
を観覧してきました。
#出演:伊藤穰一(MITメディアラボ 所長),真鍋大度(Rhizomatiks),清水富美加/主催:NHK

いろんな刺激を頂きながら、頭に浮かんでいたのは
当時18歳だった自分自身のことでした。

当時高校3年生だった私は、大学進学の希望学科を記入する欄に
こんなことを書いていました。

第一志望:メディア広告科
第二志望:通信工学科

進路相談の先生から、
「あなたは文系・理系のどちらが志望なんですか?」
と尋ねられました。当然です。

私はただ“伝えること”をしたかったので、
理論も技術も両方学びたかったんです。
#英語の成績が第一志望の基準に届かず第二志望へ進みます.結果オーライです.

U18だった頃の私の悩みは間違いではなかったんだなと
今回のイベントに参加して、救われた気がします。

会場にいるU18の方々の、好きなこと、興味のある道をひたすら進む姿は
美しかったです。

イベントの模様は2016年年始にNHK Eテレで放送されるそうです。

以前、ラジオ番組の観覧で鈴木あきえさんのリアクションを
間近で見て吸収しているので(8.30)、客席でも自然なリアクションが
できたかもしれません。
その辺りも含めて、オンエアを楽しみにしたいと思います。


posted by ozy- at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック