2015年08月30日

らじってる

先ほど、ラジプロ2015のスタジオ観覧から帰って来ました。

本選にエントリーされた皆様、番組出演者の皆様、
お疲れ様でした。楽しい時間をありがとうございました。

自宅で予約録音していたラジオ音源をさっそく聞き返しています。

NHKラジオ第一
ラジプロ〜ラジオをプロデュース〜2015」(NHK509スタジオより公開生放送)
#本選エントリー作品は公式HPから聴くことができます.

番組オープニングのMC/鈴木あきえさんとのやりとりから

鈴木あきえさん
「みなさん、こんにちはー」
会場
「こんにちはー!!」
鈴木あきえさん
「ラジオ、好きですかー」
会場
「大好きでーす!!」
鈴木あきえさん
「好きかって聞いたのに、
 “大好きです”って返ってくるくらい、
 みなさんラジオ大好きなんですね」

ラジオ好きな我々は盛り上がってました。


途中、スタジオ観覧者の感想を聞くコーナーがあり、
私にもマイクがまわってきました。突然のNHKラジオの
全国放送デビューに心拍数が尋常ではなくなりました。

鈴木あきえさん
「では、後ろにお座りの方、メガネの掛けた方、
 どうでしたか? これまで聞いて」

「そうですね、あの。私自身、高校の時、
 放送部だったものですから、その時の
 熱い気持ちというものがよみがえってきました」
鈴木あきえさん
「特に印象に残っている作品は?」

「そうですね。あの。走馬灯はすごく画期的で、もう、て、てん、
 てんてき役でもいいのでちょっと出てみたいと思いました」
鈴木あきえさん
「(笑い)点滴役」

放送事故級のカミっぷりでしたが、
司会の鈴木あきえさんの神フォローに救われました。

あらためて、気持ちを言いたかったので、
こちらへしたためます。


高校の時、放送部に入って学んだことのひとつに、
“番組作りって楽しい”ってことでした。
学生の頃からテレビやラジオ、映画を作ってる人と
プロになってから番組作りを始める人との大きな違いは
そこにあると思います。
誰にも頼まれてないのに自分たちで勝手に作る楽しさ。
それを人に聴いたり見たりしてもらえる時の喜びは、
何モノにもかえられない興奮があります。

今回の本選エントリーの方はほとんど学生の放送部で
楽しんで作っているのが伝わってきました。
そのなかで唯一、社会人としてエントリーして
本選まで残った「走馬灯」の作者・永田諒さん自身に
私は拍手を送りたい。そんな気持ちでした。


ラジプロとは10代・20代が制作したオリジナルラジオ番組の
ナンバーワンを決めるコンテストということで、2009年から
開催されているようです。
2009年、私もう32歳でした。
もっと早くこのような番組と出会いたかったです。

あと、あのスタジオ控室のボツボツの穴のあいた壁。
元放送部員としては懐かしい空間でした。

ラジオ番組を作りたいという熱が
今またフツフツとたぎっています。

良いキッカケを沢山いただいた素敵な時間でした。


最優秀ラジプロ賞の同志社学生放送局の皆さん。
おめでとうございます。
今年12月にNHKラジオで全国放送される新作も
楽しみにしております。今回の「BAR “the Behind”」に
出演された うえだなおアナウンサーの続投を期待しています。

posted by ozy- at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんな番組があったのですね!!!!

びっくり。

何かと70年代後半の氷河期世代は、チャンスの少ない年代で…。
残念です。

メールフォームから
30代にもチャンスを下さいと送ってみます。

観覧、出演お疲れさまでした。
Posted by けこ改め姉♪(期間限定) at 2015年08月31日 22:14
姉♪さん、こんばんは。

私もスタジオ観覧募集記事でラジプロの存在を知りました。
このような素敵なコンテストがあるなんて、いいですよね。
我々がラジオ番組をつくっていた2000年に存在していたら
確実に応募してますよ。

今は「WEBエントリー」でラジプロ専用のエントリーフォームに
必要事項を記入し、作品データを添付して応募するようです。

我々の時代だったら郵送エントリーですかね。
メディアはカセットテープ、がんばってMDです。


今回のラジプロ2015は、ホント居心地が良かったです。
ラジオを作ることが好きな若者が全国から集まって、
思いのたけを伝える。すがすがしい風が吹いていました。

最後の優秀賞発表前にエントリーした方々がステージに
上がって、その時を待っているのですが、投票集計中に
中川翔子さんの“綺麗ア・ラ・モード”が放送上
流れていたんですね。ミディアムテンポの曲調にあわせて
思い思いのノリで揺れているエントリーされた方々。
ステージ袖からひょこっと顔を出して、歌って下さった
審査員・中川翔子さん。とても幸せな空間でした。

機会があれば来年もぜひスタジオで観覧したいと思います。
Posted by ozy- at 2015年09月01日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック