2015年05月14日

俺、セーフだ!!

砂川 愛(井上喜久子)
「猛男の彼女、いい子じゃん。
 幸せなんだね」
砂川 誠(島崎信長)
「なんで、猛男のこと 好きになったの?」

良い質問ですね。


俺物語!!』 第6話「俺のネガイ」



「小学校の校庭にさ、
 “のびゆく子供の像”ってあったじゃん」
砂川
「あぁ。あの気持ち悪いやつ」

砂が言うんだ。相当、気持ち悪いんだろう。


「私、背 高くって、やせてたからさぁ、
 アレに似てるって男子が言い始めて。
 アダ名、“のび像(ゾウ)”になって。
 女として自信なかったんだけど」

男子、並べ。ひとり残らず、ブっ飛ばす。



「6年生の時、3年生だった猛男がさぁ」

剛田 猛男(小3/花藤蓮)
「姉さん、アレに似てるなぁ」
愛(小6)
「あぁ、のび像な」
猛男
「違う。そこの花屋さんにある、
 名前わからないけど、
 あの花に似ている」

くー。


「…あたし、あんなにキレイなの?」
猛男
「うん」

だげぼおおぉ。


砂川(高1)
「…それだけ」
愛(大学1年)
「それだけだよ!」

姉さん、落ち着いて。


「他人から見ればどうでも良いことが特別なんだよ。
 恋なんて そんなもんだ!」

名言出ましたね。
前半が、THE虎舞竜っぽいですけどね。


砂川
「なんで告白しなかったの?」

「ありえないじゃん!
 だって小3と小6だよ」

その時はそうですね。


「私 高1の時、アイツ中1」

パッと計算の答えが出る辺り、
当時(高1の姉さん)もずっと
悩んでいたんだなぁと
想像できてしまうんです。

姉さんの初登場シーンでお伝えした話。
#第三話(4.23)
姉さん、ついに登場です。
単純にファンなので、
もう出てくるだけでキュンとします。

こういうことです。
姉さんを見ていると、
せつなくなるんです。

単純にファンなので




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。