2015年03月14日

よりどころ

草野 和歌子(石原さとみ)
「“がんばれ”って言ってくれないんですか?
 たまに夜 さけんでるじゃないですか」
島田 航一郎(大沢たかお)
「あぁ。…違うって。
 “がんばれ”ってのは、人に言う言葉じゃないよ。
 あれは自分に向かって言ってるんだ」

そういうことだと思う。
最初は“言葉”にもなっていなかった
“思い”を自分の中で念じていたんじゃないかな。
いつか、その思いは“言葉”になって、
身体から出て行った。自然とさけんでいた。
自分に言い聞かせるように。

その言葉を聞いていた人は
さけんでいるその人に
勇気をもらったんだと思う。
“がんばろう”って。

思いが込められた言葉には、
人に伝わるチカラがある。
そのことを無意識にでも
感じ取っている人は、
頑張っている人に対して、
やっぱり“がんばれ”って
自然と声を掛けてしまう。
そういう光景もまた
素敵だと思う。


映画【風に立つライオン

ひとつの歌が、物語となって、映画になった。
いろんなものがバトンとして
ひとりひとりに手渡されていく。

それは最初の思いが、
純粋で永遠が詰まった結晶だったから、
それを受け取った人が
自然と誰かに伝えたくなる。
その繰り返しで生まれたのが
この映画だと思う。

エンディングで
もとになった歌が流れてきて、
物語のピースが
ひとつひとつ
はまっていくたびに
ひとつぶひとつぶ
こぼれていく。

最初に生まれた思いの結晶は
眩しいくらい、今なお光輝いている。





追伸。

エンドロールは私にとって
涙をふくための時間でもあるのですが、
くちびるに歌を】のような
歌がメインの作品は、上映後5分くらいかけて
ゆっくりと照明をつけて頂きたい。

もしくは、
普及してきたPCブルーライトカット・メガネのような
上映後に掛けるサングラス“ティアーズカット・メガネ”を
開発して頂きたい。




この記事へのコメント
本年で、
さだファン30年を迎えます。
けこです。

さださんのアルバム曲には1曲1曲にライナーノーツがついています。
何故その曲を書いたかなどの思いが綴られています。

まだ映画は見ていませんが、
風に立つライオンのライナーノーツを読むと、それが映画になったということでしょうか。そう解釈しています。
さださんのライナーノーツも立派な作品であったと、今にして思わされます。

ozy-さん、良い形のtearsは、cutせずに流してしまいましょう。

Posted by けこ at 2015年03月18日 09:53
さだファン歴30年、
綾小路きみまろさんの「あれから40年」クラスですね。
おそれいりました。
最初にけこさんとお会いした時も、さださんの話をしたような
気がします。それまで、周囲にさだファンがいなくて
心細い思いをしていたので、ほんと嬉しかったです。
こうして、いまだに親しくさせて頂いているのも
根底に流れている“さだファン”という共通点が
ひとつ大きいかもしれません。
そういう意味でも、さださんという存在に出会えて
幸せです。


いいんですか。映画終わった後もtearsしたままで。
ではせめてミレニアム・メガネを掛けさせてください。
#“2000”の真ん中の“00”がレンズになってる仕様のメガネ.
Posted by ozy- at 2015年03月21日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。