2014年11月02日

ドライアイスの香り

テツコ(仲里依紗)
「寂しくなかった?」
ギフ(鹿賀丈史)
「パチンコ屋でさ、閉店までいると音楽が消えるんだ。
 ごーっていう 玉が流れる音だけになる。
 何だ俺こんな殺伐とした所にいたんだって、
 時々そんなぞっとするような寂しさを感じることはあったよな」

ディティールの細かい話が突然ポンと出てきますよね。
あぁ、父親もパチンコ好きでよく遅くまで帰ってこなかったよなぁ
とか、自分の人生にフッとシンクロするような瞬間がたまにあって
ドキッとします。

テツコ
「そういう時は、どうしたらいいんですか?」
ギフ
「何か つかまるものを探すんだよ。
 心から信じることのできる 何かつかまるもの」

十手を見つめながらギフはこう語ってますが、
その十手、ニセモノでした。


プレミアムドラマ『昨夜のカレー、明日のパン』 第5回「カードと十手」


テツコ
「本当にここから 飛び降りるつもりだったの?
まりえ(蒔田彩珠)
「(うん)」
テツコ
「そっか。…けっこう川の音、すごいね」
まりえ
「夜とか、もっとすごい。
 街の音がなくなると、暗い川底から
 ゴーって音だけして」

あの時のギフを思い出す。

まりえ
「岩井さん、その時 魔法のカードをくれたんです」
テツコ
「魔法のカード?」

これがこの子にとって、
何かつかまるものとの
出会いになるとは。


岩井さん(溝端淳平)
「あ、そうだ。これ」
『東鉄建機 株式会社
 国際営業部 3課
 岩井 正春
 魔法のカードスペシャル』

テツコ
「うわっ。いや 最強って」

テツコにとっても、
何かつかまるものが
みつかりそうです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。