2014年07月10日

君の行く道は

佐藤 旭(妻夫木聡)
「昔の歌だよ。親父がよく歌っててさ。
 1番しか知らないから2番目以降は適当なんだけどね」
澤辺 梓(蒼井優)
「ダメじゃん」

そういう歌ってありますよね。
ふとした時、自分の中で流れてくる歌って。


「この曲聞くとさぁ、なんか踏ん張れるんだよなぁ。
 親父とつながってる気がしてさ」

「だったら なおさら2番目以降もおぼえないと」

こういう話がもうリアルに響いて、ダメですわ。
#参照日記「おやじの背中」(7.8)

若者たち2014』 第1話「理屈じゃねえんだよ、結婚は」
#原案:山内久・森川時久 /脚本:武藤将吾 /演出:杉田成道


♪君のあの人は 今はもういない

「…2番だ」

2番の歌詞、こんなんだったんですね。
客観的にとらえようと踏ん張ってみましたが、
無理でした。



「…なに泣いてんだよ」

「自分だって」

こういう名作って、一度目よりも
二度目に見た時の方が涙の量って
増えるんですね。



「さっきの歌。
 俺は リングで2番までしか歌えなかったから、」
 3番は」

「なんの話?」

ここで森山直太朗さんの歌声で
3番が流れてくるんです。
とても、とても希望に満ちた
歌詞でした。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。