2014年06月22日

新橋SL広場23:50の会話

副音声。最終回はありませんでしたが
楽しませて頂きました。
レミ絵さん(菜々緒)と白雪さん(田畑智子)の
やりとりとか。
本編だけで見てきた人と、副音声版で
見てきた人では、レミ絵さんの印象って
だいぶ違うのではないでしょうか。

HDDレコーダーで録画していた人は
録画モードによって副音声が収録されて
いなかったりするんですよね。
ブルーレイ・DVDが出た際にはぜひ副音声に
切り替えて、大沢編集長(板谷由夏)のモノマネとか、
ドナドナのフレーズとか、ERENAさん(石田ニコル)による
“F&M Japan(ファスベンダー&マッカートニー・ジャパン)”
の正しい発音をぜひチェックして頂ければ幸いです。

ファーストクラス

大沢 留美(板谷由夏)
「あなたは、自分の仕事をまっとうしたわね」
吉成 ちなみ(沢尻エリカ)
「…私が仕事をやり遂げたか どうかは、
 まだわかりません」

全力で走り続けている人は、
自分の走っている姿って
見ることができないんですよね。

外から見て、その場所がゴールだとしても、
自分の中では、通過点だと感じていたりして。
この先もずっと道は続いていて、
まだまだ たどり着いていない自分がいる。

その道の途中で、物語として終わる。
これもまた美学だと思います。

ラスト手前で、ちなみが自作ノートを広げていた場所、
あの場所でしたね。
#参照日記「こないだの公園のベンチ」(’06.8.19)
よく晴れた日に、また行ってみたいです。


この記事へのコメント
確かに…
ゴールってどこでしょう?

社会人になって、
今となっては
よく分からなくなりました。

もう、他人がひいたレールの上を走っていないからですかね。

考えると
深いですね。
Posted by けこ at 2014年06月22日 08:37
けこさん、おはようございます。
最初に思い浮かんがことを、
こねくりまわして、
洋服を重ね着するように
なにげない文章にしましたが、
けこさんから見ると
レントゲン写真のように
「ここに虫歯、ここは仮歯」
と言い当てられた気がして、
あせってます。
けこさんには、何でもお見通しですか。

ゴールってどこだろうと思った時、
トライアスロンみたいな過酷な種目を
想像するとツライですよね。
こんなのどうでしょう。
十種競技。
100m走ではビリだったけど、その気持を
「エイヤっ」と砲丸投げに込めてみる。
いろんな種目を試して、
合計得点が大会記録に遠く及ばなくても
自己ベストを少しづつ更新できたらと
思います。
Posted by ozy- at 2014年06月22日 20:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック