2013年09月28日

潮騒のメモリー

吉田 正義(荒川良々)
「袖ヶ浜に 渡り鳥が来なくなったのも
 春子さん(有村架純)のせいだって聞きますもんねぇ」

春子さん、スケールが地球規模ですよ。

荒巻 太一(古田新太)
「どうでもいいお話の途中 申し訳ありません。
 かわいい方の子は?」
今野 弥生(渡辺えり)
「…わたす?」

ここはきっちり拾ってくれますね。
もうひと押しされてたら、標準語になってました(4.27)

あまちゃん』 最終週 “おらたち、熱いよね!”
#作:宮藤官九郎 / 音楽:大友良英 / 演出:井上剛

熊谷 美寿々(美保純)
「なしてアンタが泣いてんの!?」
荒巻
「す すみません」

泣かせてあげて下さい。
いろんなものが頭の中で渦巻いちゃって
それどころではないので。こちらも。
もうこれはアルバムで『潮騒のメモリー』発売しましょう。

鈴鹿 ひろ美(薬師丸ひろ子)
「初めて、自分の意志で ステージに立って歌を…」
天野 春子(小泉今日子)
「プロだわ」

震災後、ずっと探していた
“おらにできること”
それが鈴鹿さんの場合、歌でした。
自分のためでなく、あの人達のためなら
私は歌う。そう思えたんでしょうね。
そのことに気づいた時からの鈴鹿さん、
ずっとキラキラしてます。


天野 夏(宮本信子)
「どんどん金出せぇ。そしたら
 おらたちもドンドン元気さ出すべ」
弥生
「んだ! んだ! んだ!」

「座れ」
荒巻
「えー」

「座れ」

文字通り、夏さんのオンステージでしたが、
夏さんの話を聞いている皆さんの表情が
とても良かったですね。
夏さんが話し始めると、じっと耳を傾けて
期待以上の言葉がかえってくる。
そんな人の 自分は子供だったり、孫だったりしたら
それだけで誇らしくなるんです。


この6ヶ月間、このドラマを一緒に見てきて、
同じシーンで同じようなリアクションを
繰り返してきました。現実で起こったことが
ドラマでも起こることを知っていて、
実際に遭遇して、その後の経過も見てきて
ドラマなのかドキュメンタリーなのか
わからなくなるくらいの感覚で
ひとつの物語を見守ってきた。
その事実だけで、もう感動的なわけです。
個人的には。

さぁ、明日は最終回。
一緒に素敵な朝を過ごしましょう。

#ここまでが最終回(9/28)前日までのメモでした.

見終わりました。
最終回がと言うより、この6ヶ月間が終わったんですね。
放送が始まる前から期待していて、実際
夢中になって見ていて、
両親とも『あまちゃん』トークできたりして、
幸せな時間でした。
1984年から2011年、2012年の
ある物語の記録として、
2013年の僕らの記憶として、
いつまでも残っていくんだと思います。

半年間、ありがとうございました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック