2013年07月20日

白い坂道

映画館を出て、しばらく自転車で走ると、
右手に急激な下り坂が見えてきた。
その先には、これでもかという上り坂が待っている。
30秒ほど様子を見ていたが、この谷底を通る
人や車はいなかった。

谷から吹いてくる風に飛ばされぬよう
自転車のハンドルをギュッとつかむ。
見晴らしは良かった。
谷底から続く上り坂は、
そのまま白い雲につながっているようだ。


風立ちぬ
#原作・脚本・監督:宮崎駿 / 音楽:久石譲 / 歌:「ひこうき雲」荒井由実

自然とその谷底の方向へ自転車は近づいていった。
最初は緩やかだった車輪の音が、
3,000Hzの轟音へと変わって行く。
谷底の両端からは人や車は来ていない。
このまま一気に谷を抜けよう。

何も近づいてこないことを3往復確認してから、
ペダルを漕がずに坂道をかけ上っていく。
中盤辺りでペダルを回してみるが、
羽根が生えたように軽かった。

終盤に差し掛かると、ペダルが鉛の塊に変わる。
視界の全てアスファルトになっているのに気づき、
あの白い雲を見上げた。

不思議と自転車を降りるという選択肢は
思い浮かばなかった。
後ろを振り返ることもなく、
前だけを見つめ
ペダルを回し続けた。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック