2013年03月05日

あくびなみだ

上映中、映画館の暖房がつく音が聞こえました。
静かな 静かな 映画でした。


すーちゃん まいちゃん さわ子さん

追伸

飛行機の窓から眺める街の風景が好きです。
知っている街だと、
「あ、見えた。こんなに小さく見えるんだ」
とか
「あの人、あそこで働いてるんだろうな」
とか。

知らない街でも、
「今、この街で何人、いいとも見てるのかな」
とか
「おぉ、野球の練習中か。めざせ、たっちゃん甲子園」
とか。
いろいろと想像、というより妄想して、楽しんでます。

なんだかんだ好きなのは、やっぱり夜景で。
「まだ、こんなに灯りがついてるのか」
とか
「家族でお鍋とか食べてるのかな」
とか。
テレビドラマでも映画でもない、本物の生活が今
目の前で広がっていて。
ひとつひとつの街明かりから、
勝手にエネルギーをもらってます。

ふと、さびしくなるのが、この風景に自分自身がいないことで。
自分がいなくても、まわっているこの世界があって。

あぁ、そうか。
この街の人達から見ると、この飛行機も
夜空を見上げた時に見える小さな灯りだったりするのかも。
彼らにとっての、生活の風景のひとつになれてたら
ちょっと嬉しいなと。
ふと思う 今日このごろです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。