2006年02月24日

モミアゲソウル

朝、憂鬱な気持ちで歩く職場までの道のり、


仕事でダメージを受けた日の帰り道、


どんなに沈んでいても、


気持ちが少しだけパッと軽くなる歌があります。





尾崎紀世彦「また逢う日まで」


ゴールデン☆ベスト





まずはイントロです。


♪デッデッデデーデデン


♪デッデッデデーデデン





こんな始まり方ってありますか。普通。


気分はいやでもPOP調に染まっていくでしょう。





♪また逢う、日まで


歌い出しは抑え気味なんです。


この辺が憂鬱な気分とマッチするわけですよ。


やさしくやさしく。


「♪、日まで」でちょっとタメも入ります。





♪話しーたーくなーい


ここで一気にテンション上がりますが、


次の


♪なぜかさびしいだけ


で急にまたしぼむんです。


アップダウン激しいですよ。


これで聞いてる方はもうグラングランです。





そしてサビです。


♪ふったりで〜 ドアをしーめーてー


キヨが歌い上げる歌い上げる。


別れの歌をこんなにソウルフルに歌い上げる歌手は


キヨをおいて、日本ではなかなかいませんね。


この辺りになってくると当然、一緒に歌ってます。


心の中でね。


そうするとですね、感覚的にモミアゲがはえている


ような気分になります。二番のサビくらいになると


ヒゲもはえてます。最後まで歌い上げたころには、


あなたも私も立派な尾崎紀世彦です。


そして、またイントロから聞いている。


そんな朝です。ぜひ。



posted by ozy- at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック