2006年03月28日

ozy-より愛をこめて

#カッペちゃんへのお返事

『白夜行』第9話のラストですよね。
この前(3.13)もコメントでお話ししましたが、あのメインテーマとあいまって
どうにもこうにも涙があふれてしまうのですよ。

いろんな人が命を絶っていくんですが、その中でもね、
生まれてくる命もあってね。最後に願いが少しだけかなうんですよね。
雪穂と亮司はただただ太陽の下で、手を繋ぎたかった。
それだけなんですよね。きっと。

『白夜行』は私の入るスキがまったくなかったです。
日記は書いていました。今回の第一話とか、
何話だったか忘れましたが、亮司がサングラスを掛けたり
取ったりしているシーンを見た時はつい、
「これはメガネ部へのサービスカットですね」
と書きかけましたが、アップはしませんでした。
なんとなく出来ませんでした。
でも最終回を見終わった後、そろそろ時効かなと思って今回
第一話の感想を蔵出しした次第です。


そんな中、嬉しいことにテレビブログ編集部の方に
コメントを頂きましたので、併せてご紹介しますね。

テレビブログ
http://www.tvblog.jp/
“HOT ENTRY”注目エントリを編集部がご紹介!!

白い花」(2006/03/27)
白夜行もとうとう最終回。このドラマは、最終回を見て
初回を思い出すと、これまたいろいろ考えさせられて
しまいますね。賛否両論いろいろありますが、
見るのが辛い、だけど見てしまう。
そんなドラマだった気がします。
From 僕らのドラマ

テレビブログ編集部の方、いつも見て頂きましてありがとうございます。
もちろん、今夜もオロナミンCで乾杯しました。
#常にストックがあるのが不思議.

私はまだ原作『白夜行』を読んでないんですよ。
今図書館で予約中なのですが私の前に160人くらい予約者が
いるようで、道のりはまだまだ長いです。


NANA』見ましたか。
シンちゃんこと松山ケンイチさんですね。
『男たちの大和』を観た後、もう一度『NANA』を観ると
シンちゃんの印象がまた変わってくることうけあいですよ。

ちなみに『男たちの大和』は今年のお正月に観に行きました。
『男たちの大和』を観に行くのに一番相応しい日はいつなのか。
私にとって映画を観に行くことはビックイベントですから。考えました。

元旦だと。年の始めに『YAMATO』だと。
観客席は『NANA』とは好対照でしたね。若者は1割弱でした。
観終わった後はぼーっとしたまま放心状態で帰ってきてしまったので、
恒例のベンチメモ書きはしませんでした。

『NANA』は続編があるようですね。楽しみです。
ちなみに『男たちの大和』の続編『さらば男たちのYAMATO 愛の戦士たち』が
あるかどうかは難しそうです。もしその時が来るならば主題歌はぜひジュリーに。



posted by ozy- at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。