2007年03月04日

命のつながり

万俵銀平(山本耕史)


「本当に提訴したなんて聞いちゃ、飲みたくもなりますよ」





銀平さん、いよいよ飲みキャラが定着してきました。








万俵大介(北大路欣也)


「この裁判は 当行の正しさを世に知らしめ、


 世間の批判を覆す、またとないチャンスだ」





どんな逆境に立たされても、発想を換え、


自らの道を突き進む姿。万俵大介という男の


人を惹きつける魅力を垣間見た気がします。





華麗なる一族』 第八回 「鉄平出生の真相」





大介の思い、鉄平(木村拓哉)の思い、


その憎しみの裏には圧倒的な悲しみがあるんですよね。


愛されなかった悲しみ、


もっと愛してほしかったという悲しみ。


一番深いところにはいつも愛情があるから。


恨んだり、絶望したりする。


人はどこかで希望を忘れていない。


だから、生きているんだと思う。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック