2005年04月18日

「林屋亭ドン太のドンドンターイム!」

タイガー&ドラゴン』第一話当日(4/15)の
お昼に放送された宣伝番組が見られなかった
全国の林屋亭ドン太(阿部サダヲ)ファンの皆様へ。

番組内の一コーナー、
ラジオ番組風に紹介された
「林屋亭ドン太のドンドンターイム!」
の模様を今夜はお送りします。

#デジタル音声で聴いてみる(mp3)


林屋亭ドン太のドンドンタ〜イム!
#マイクの前で首を左右にプラプラ振りながら。
全国100億万人のドン太ファンの皆さま、
大変長らくおまったせいたしました!
私がアナタの心の恋人、林屋亭ドン太っす!
どーもぉ、なんつってね。
今夜、始まっちゃうんです。
連ドラ『タイガー&ドラゴン』がっ!
でも皆さんご存知ですよね。
ゾンビが5人で5ゾンビ。ウァァァ。
#ドン太、迫真のゾンビ。
ハイッ。ドーンドーンドーン!

はいっ。というわけで
#おハガキ
「ドン太さん、こんにちは」
こんにちはー。
「『タイガー&ドラゴン』間もなく放送スタートですね。
私はドラマの内容が気になって仕方がありません。
そこでドン太さんが知ってる情報が何かありましたら
ぜひ教えて下さい」
も〜う。そんなことなら、ドン太にお任せっ。
さっそく私が皆さまに『タイガー&ドラゴン』の
オイシイところをドーンドーンドーンと
スタートに先駆けてお見せしちゃいます。

まず『タイガー&ドラゴン』で気になるのが
毎回ストーリーにリンクする古典落語。
1月に放送した2時間スペシャルでは
三枚起請。
さて、今夜の第一話は何なのか。
気になりますねぇ。ねぇ〜。
もしかしたら2時間ドラマの最後で虎児(長瀬智也)
が言ったあの、あれなのか?
#品川心中
はたまた違う落語なのか!?
#寿限夢
#芝浜
さらに謎の男登場!
#リサ(蒼井優)の元カレ・ジュン君(YOU THE ROCK★)
そして、そして〜、
やっぱり気になるあの謎の美女。そう、
2時間スペシャルで華麗なる七変化を
見せて下さったメグミ(伊東美咲)さん!

今夜の第一話、メグミさんはあの格好で登場ですよ〜。
ほらすごく似合ってたあれですよ、あれあれ。
あぁじゃヒント。
ぽろっぽー。ぽろっぽー。
ふるぅーふるぅーふるぅーふるぅー。
#ドン太、プリティーに鳩。

もう〜。こうなったらねぇ。もう、
もういぃいぃ、教えちゃう教えちゃう教えちゃうけどね。
一話ではね、第一話では恋の話もでてくるんですよ〜。
恋の話、からんできちゃうからね。恋バナですよ!
恋バナ! 恋バナ!! 略して恋バナ!!

も〜う、大変なんス。大変なんス。
ホンッと大変なんスから。
#林家三平で。
いや、も〜〜これ以上言えない!
おクチにホッチキス!
ホッチキス! ホッチキス!
ねぇ、というわけで、もうこれくらいで
勘弁してください! ねっ。許してっ。
というわけで、今夜の放送こうご期待!
以上! あなたの心の中のキャンペーンボーイ
林屋亭ドン太がお送りしました〜。

それでは最後に〜、ごきげんなナンバーを
聴きながらお別れです。
『タイガー&ドラゴン』の主題歌、
V6の「UTAOUTAO」
ミュ〜ジック〜、
ハイドーンドーンドーン!
この記事へのコメント
■ 100億万分の1
あー。
こんな番組があったんですかー。(涙)
ひそかに阿部サダヲさんが好きなんですよね。
もー。今週は見逃せませんよ!

この春は
『タイガー&ドラゴン』『あいくるしい』『エンジン』
を中心に見続けようかと思ってます。
『エンジン』は思いがけず?キムタクが良かったので。
相変わらずカッコイイけど完璧じゃなかったもんね。
『瑠璃の島』はどんな感じだったのかなぁ。 見逃してます。

そんなこんなで。
トリプル運営でお忙しい中
“のすたるCD”を送って頂いてありがとうございました!
本日、無事到着しました☆
また改めてメールさせて下さいませ。 取り急ぎご報告まで。(^▽^)
Posted by カッペちゃん at 2005年04月19日 23:08
■100億万分の2
わぁー、カッペちゃんだぁ。
嬉しいです。

新しいページが生まれた直後なので、もう付きっきりで
寄り添ってます。今、一生懸命 覚えさせている言葉は
「ドンドンドーン」です。

『瑠璃の島』の見所はやはり小浜校長(岸辺一徳)先生の
あやしさですね。言動の全てが要チェック、
というより要注意です。
校長に気を取られていると、照明(小日向文世)さんが
すっと割り込んできますので、一時間油断できません。
「集中力が必要」という意味では『タイガー&ドラゴン』
に負けてません。

『エンジン』私も見てますよ。
キムタクのイジられキャラがイケてますね。

“のすたるCD”届きましたか。
よかったよかった。
5年前に作った作品が、時間を越えて、
空間を越えて、カッペちゃんのお手元に
届いたわけですね。何だか不思議な気分です。
タイムカプセル、ゆっくり開けてみて下さい。
Posted by ozy- at 2005年04月20日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック