2005年01月17日

みんな昔はメガネだった

教授(内野聖陽)がエネルギッシュな程、
仁子(竹内結子)はバイオレンスになる。
教授が元気ハツラツな程、仁子はハラホロヒレハレになる。
教授としてエレガントに踊ると、
仁子は少しセンチメンタルな素顔をみせる。
仁子が落ち込むと、教授は「キューキュー」と
大空に向かってさけぶのだ。
教授が手をとると、一緒になって仁子もさけぶ。
「カャーカャーカャー」
帰ってくるのだ。帰ってくるのだ。

不機嫌なジーン


この記事へのコメント
■ ( ´・ω・)ノ「よっ!」 つって。
冬ドラマも始まりましたね・・・♪
一話目はほとんど見ましたけど
もぉ、ヘトヘトです。 減らしていかないと。
けどね、一番ハマってるのは『コトー先生』(再)だったりするんですよ。
私にとっては(再)じゃないのでね。 初見なので。

冬ドラマの一番の衝撃は、内野さんのハッチャケぶりでした。
仁がジーンになっただけでこんなに変わっちゃうなんて。
プロですね・・・ (゜ーÅ)ホロリ

今期は単純に楽しいドラマが多くて嬉しいです☆
んでもって
木10で、初めて見たいドラマがダブりましたよ。

あと、衝撃といえば
吾朗ちゃんドラマの予告ナレーションが新鮮だったこと。
『関白失脚』を初めて知ったこと。(『関白宣言』の反対??)
ozy-さんが野球少年だったこと。
・・・とかね。(笑) 
私にとって野球アニメっつったら『侍ジャイアンツ』ですよ。ヽ(°Д°; )ノ
Posted by カッペちゃん at 2005年01月18日 20:43
■胸キュン刑事、あばれてます。

私も今、家に帰ってきて真っ先に『ブラックジャックによろしく』(再)
の録画ビデオを見てます。

再放送をビデオに録画してまで見てる人って周りにあまりいないです。
この情熱の行き場の無さがちょっとせつないんですよね。
今右上のカテゴリーでやってる“再放送で再掲載”はこれからも
続けていこうと思います。

教授(内野さん)のような嬉しいキャラクターが出てくると、
「負けてらんねぇ」と対抗意識がメラメラ出てくるんですよね。
来週からは全身黒でテレビの前で正座。
と思ったら次回予告の教授は全身白でした。

吾朗ちゃんの悲劇は、逆療養的発想というか、
アンチ・サザエさん的な魅力で日曜夜の気だるい気分を
吹き飛ばしてくれそうですね。
「日曜日の夜が楽しみ」という新しい価値観が生まれることを
期待しています。
Posted by ozy- at 2005年01月19日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック