2005年03月16日

逆パウラ

仕事が終わった後、観てきました。


ローレライ


気分的には。


「2200。ただいま伊507より帰還しました。敬礼」


ですよ。





水曜日はレディースデイなんですね。


#毎週水曜日は女性のお客様千円


#byワーナーマイカル


劇場内も女性のお客さんが多かったです。


男は半分もいなかったと思います。


全席指定席なのですが、


#そこが嬉しいワーナーマイカル


私の座席もちょうど女性の方に囲まれたような


位置でした。


映画の内容は、ひとりの少女パウラ(香椎由宇)を


中心に男達が右往左往する映画なのですが、


今私が劇場で置かれている立場はその逆。


まさに逆パウラ、逆ローレライ状態でした。


ただ、右往左往していたのは逆パウラの方でしたが。





『ホテルビーナス』の時もお話ししましたが('04.3.22)


私は映画館のような公共の場で、ウルっと来そうに


なると涙を我慢してしまう悪い癖があります。


その内、映画よりも涙を我慢することに専念してしまい


映画の内容がその辺だけあいまいになるという


いわゆるローレライシステムが組んであるので、


今回は特に心配をしていたのですが、駄目でしたね。


心の中で何度さけんだか。


5.1chサラウンドシステムで女性に囲まれているなど、


もうおかまいなしでした。


ライカカメラのくだりとかね。男泣きでした。


パウラはあんなにも強いのに、逆パウラのもろいこと。





“仲間”。そして“未来”。


彼らは家族のために、仲間のために、未来のために、


戦っていました。


ただ、彼らの表情から“悲しみ”は拭いきれません。


日本側もそうですが、アメリカ側もまた悲しみを


抱いていました。


戦争は悲しみしか生まない。


あらためて感じました。
posted by ozy- at 22:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ローレライ
Excerpt: URL: http://blog.goo.ne.jp/uzokia/e/cb7d3ff35ec9f1a2e016439e0be5a46f IP: BLOG NAME:うぞきあ の場 DATE:..
Weblog:
Tracked: 2070-01-01 00:00