2004年02月22日

別冊「aada」2.22号

2月22日。ゾロ日ですね。
こっそりと別冊「aada」もお届けです。

#前回はこちら(2/15) 別冊「aada」2.15号


“liner noise”

『YAZAWA LOVE』/ 第二話「心花よ」


井上
あ、宇野君。

宇野
部室の前に突っ立ってたから、声かけてみた。

相川・井上
誰に?

女子
こんにちは。

井上
こ? んにちは

相川
おう。

女子
あの、ここが矢沢同好会って聞いて。

井上
うん。まぁ。

相川
アルファベットでYAZAWA部だけどね。まま座ってよ。

女子
あ、ハイ。失礼します。

井上
どうしてここへ?

女子
ハイ。あの。私、矢沢部に入部しようと思って。

井上
えっほんと?

相川
そうかいそうかい。

宇野
すごく嬉しいんだけど、この部 三月で解散しちゃうんだよ。

女子
エっそうなんですか。

井上
うん。部員が五人以上じゃないと四月からの継続は認められないんだ。

女子
あ、じゃあ私、あともう一人連れてきます。矢沢ファンの子知ってます。

相川
俺言うわ。あの、お嬢さん。悪いんだけど、俺ら今度の三月で卒業なのよ。

宇野
そう。だから君も含めてあと四人。

女子
エーそんなぁ。

相川
な、そんなーだろ。卒業っつっても
こいつは出席日数、ギリギリだけどな。

井上
相川は成績もギリギリなんだよ。

相川
この野郎。ショウって呼べ。

宇野
相川君って、たまに怒るポイントがズレるよね。

女子
ウーン。あ、でも三月まで活動してるんですよね。

井上
まぁ、一応。

女子
じゃ、それまで矢沢部に居ていいですか?

相川
お、積極的だね。

女子
ハイっ。

井上
よしっ。じゃあこの紙に書くから、学年と名前教えてもらっていい?

女子
あ、ハイ。二年四組。

井上
二年四組。

女子
矢沢とも子

井上
矢沢とも子。えーと、矢沢?

女子
あ、ハイ。矢沢です。

相川
あのー、もしかしてワイエー・ゼットエー・ダブルエーの?

女子
YAZAWAです。あの、単純なんですけどね。名前が一緒ってトコロから入って

相川
これすげぇ。これすげぇーよ。俺、ショウっていいます。

矢沢
あ、ハイ。ショウ先輩、よろしくお願いします。

相川
で、こっちがジュン。でこっちがヘッド。

矢沢
ジュン先輩、ヘッド先輩? よろしくお願いします。

井上
だから、ジュンじゃないって。

宇野
ヘッドです。よろしく。

矢沢
ということは、ヘッド先輩が部長さんですか?

宇野
あ、そのヘッドじゃなくて。ヘディングのヘッドみたい。

井上
ほら、みのもんたがよくプロ野球珍プレーやってるでしょ。
宇野のヘディングって。

矢沢
私、珍プレーとかよくわからくて。

相川
何か質問とか聞きたいことある?

矢沢
ハイ。ずっと気になってたんですけど、単行本ってどこにあるんですか?

相川
単行本。ああ「成りあがり」ね。家にあるよ。俺たちのバイブルだからな。
他には?

矢沢
あの今、気になったんですけど。
「ナリアガリ」って、いつ出たんですか? 私、知らなくって。

相川
おいおい、YAZAWAファンとしちゃあ、そりゃモグリだぜ。

矢沢
ゴメンナサイ。私、ホント初めて聞いたので。

井上
デビュー前の話も載ってるけど。出たのはプロになってからだよ。

矢沢
そうなんですか。私、矢沢は全巻揃えたつもりだったんですけど。

宇野
もしかして。「NANA」とか知ってる?

矢沢
ハイ。私のバイブルです。

宇野
「パラダイスキッス」とか。

矢沢
パラキス。ハイ。

相川
なになに、パラダイスなんとかって。光GENJI?

宇野
パラダイスキッスだよ。矢沢あいの。ねぇ。

矢沢
ハイ。あのー。それで来たんですけど。

井上
なんとなくわかった。

宇野
うん、それ。矢沢違い。

矢沢
エっ。

井上
ここね。矢沢って言ってもアルファベットのYAZAWAなんだ。矢沢永吉。

矢沢
エ、あれ?

相川
そうなんだよ。光GENJIとは関係ないのよ。

井上
うーん。せっかく来てもらったんだけどね。ごめんね。

矢沢
そうなんですか。ウーン。あ、でも矢沢部なんですよね。

井上
アルファベットだけどね。真ん中のZの文字がやたら大きい。

宇野
ほらこのタオルみたいに。

矢沢
あそこの本棚って空いてますか。

井上
本棚。あぁ使ってないよ。

矢沢
私、矢沢あいのマンガ、家から持ってきていいですか?

相川
漫画?

矢沢
一度読んでもらえたらなって。矢沢あいっていうペンネームも
元々永ちゃんからとった名前だって聞いたことあるし。

相川
そうなの?

宇野
あぁ、なるほど。

矢沢
明日にでも、ちょっとづつですけど持ってこようかなって。

井上
矢沢部に矢沢あいか。

宇野
うん。間違ってはないよね。

井上
どうする。ショウとしては。

相川
そうだなぁ。ショウとしては、このまま部が潰れるのを
ただ待ってるわけにはいかねぇよな。

井上
じゃあ。

宇野
本棚使用を認めるということで。

矢沢
わぁいいんですか。

相川
おーけーおーけー。

井上
ねぇ。今、YAZAWA風に言ったでしょ。

矢沢
ありがとうございます!

宇野
たぶん、井上君にショウって呼ばれたのが嬉しかったんだよ。
初めて呼んだでしょ。

井上
あぁ、そう言われてみればそうかも。

矢沢
ショウ先輩、ジュン先輩、ヘッド先輩、ありがとうございます。

相川
おーけーおーけー。

井上
よく聞くと似てないね。


       『YAZAWA LOVE』/ 第二話 おわり

(c)liner note

#続く(2/29)

ラベル:YAZAWA LOVE
posted by ozy- at 00:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■Re:別冊「aada」2.15号(2/15)
カッペちゃん1さん (****.ne.jp)
ozy-さん・・・ あなどれん・・・
珍プレーの宇野にもビックリやったけど、
“矢沢あい”にいくとは思わんかった・・・(°Д°;)
こっちの矢沢部だったら入部したいかも。
「NANA」はバイブルじゃないけどね。(笑)

『最後の恋』は、そんなに泣けません・・・(笑)
ただ、中居くんが若くって、常盤ちゃんよりも可愛くって。
で、とっても嬉しいだけなんです。 (2月23日0時11分)  

-------------------
■愛だろ、愛。

カッペちゃん、こんにちは。
ゆったりペースで、やらせてもらってます。

前回12月の別冊「aada」のタイトルが、
『大口三男と江藤樹里』という よくわからない
タイトルだったので、今回はわかりやすくしてみました。
『YAZAWA LOVE』といえば、矢沢愛だろ。
ということで。
自分の中で唯一出した条件があります。
付けヒゲ類はいっさい禁止。
苦しい展開になりそうです。

東京では『最後の恋』と同じ時間帯に
『愛していると言ってくれ』を再放送しています。
親子モノキラーとしては
#いつもやられている方ですが
最終回直前のエピソード、母(吉行和子)子(豊川悦司)の
別れのシーンはもう一度見たいです。そして泣き崩れたい。
Posted by ozy- at 2004年02月23日 00:11
■ (*^ー^)ノこんばんわ♪
また書いとる・・・ と思われてるかな。

それで、
矢沢さんの名前は、どっからきてるのかなぁ・・・?
ちょっと考えてみたんですけど。
と 言うのも、私の名前と同じだったので・・・(笑)
多い名前なんだけど、
“子”だけが漢字ってとこも一緒だったので、ビックリ。
今のYAZAWA部を見たOBの人ぐらいビックリかな。(笑)
宇野くんの“ヘッド”が珍プレーからきてたりしたから
私では分かんないかな。
Posted by カッペちゃん at 2004年02月27日 22:53
■ふしぎ発見!

カッペちゃんのお名前と一緒だったとは。驚いちゃいますね。
矢沢さんの名前も含めて、全部フィーリングで付けました。
思わぬ所でカッペちゃんとフィーリングが一致しますね。
不思議です。
私が板東英二さんだったら、自信満々にスーパーひとし君
出してます。
Posted by ozy- at 2004年02月28日 22:53
■ (*^ー^)ノこんばんわ♪
名前に由来はなかったのか・・・
ほら考えても分かんないですね・・・(笑)

厳しい条件を課しちゃったんだね・・・
苦しみに負けずに、のんびり頑張って下さい。(*^-^*)
Posted by カッペちゃん at 2004年02月29日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック