2016年12月21日

火曜日を超えてゆけ

#303カンバニー 第二次経営責任者会議にて.

津崎 平匡(星野源)
「2週間やってみて、率直な感想、どうですか?」
森山みくり(新垣結衣)
「率直で良いですか?」
平匡
「…どうぞ」

口調が思わず真田幸村(堺雅人)さんになってますよ。
この「どうぞ」を言う前のタメとかね。


みくり
「小賢しい(コザカシイ)から できる仕事もあるのかもしれません」
平匡
「小賢しい、って何ですか? 言葉の意味はわかるんです。
 小賢しいって、相手を下に見て言う言葉でしょ。
 僕はみくりさんを下に見たことはないし、
 小賢しいなんて思ったこと、一度もありません」
みくり
「…」

「おおおぉ」

青空市のお客さんが見せたリアクションですが、
日本全国から今、沸き起こっている地響きのようにも聞こえました。

自分が面白いと思って見ているドラマが
こんなにも世間に受け入れることって、
あまりなかったので、嬉しいやら
くすぐったいやらです。
1話を見た後、迷わず出掛けたロケ地は近所の方以外
誰もいませんでした(10.16)
今、大変なことになっているようです。
出掛ける際は、さっと行って
階段の上で、ちょっと じんわりして
さらっと帰ってきましょう。
マンションの前は結構な下り坂になってますからね。
軽トラックにひかれないよう、じゅうぶんご注意ください。

逃げるは恥だが役に立つ』 最終話

終わってしまいました。
こんな気持ちで見る、エンディングは初めてでした。

恋ダンスと呼ばれるエンディング。
あのダンスを見て、いままで感じていた高揚感は
「次週が楽しみ」という気持ちが大きかったんだなと
あらためて感じました。
最終回のエンディングを見ていたら、
この三か月間の思い出もあふれてきちゃって
なんかもう泣けました。

楽しい火曜日をありがとうございました。
じゃなかった。ダンケ!