2016年09月28日

泣いたのは何度目か

“こんなんやられたらワシまいるわ”


ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしている
コーナーです。2年9ヶ月ぶりです(前回 '13.12.4)

今回はPVです。


京都アニメーション/映画『聲の形』主題歌PV

京都アニメーションが
[映画『聲の形』主題歌PV]と題して
映像を公開しました。

aikoさんが歌う主題歌「恋をしたのは」は
一曲の長さは6分2秒です。
その中で、今回の動画再生時間は2分30秒。

ではどの部分をピックアップしているのか。
答えはaikoさんのインタビューから見えてきます。

aiko
「感情移入しすぎず、今の自分が歌いたい曲を作るようにはしていたんですけど、できあがってみると2コーラス目の歌詞なんかは将也と硝子が手話で会話しているように感じられるなって自分でも思ったりして。大好きすぎて無意識に影響を受けていたところがあったのかもしれないですね」
#公式HPより:http://aiko.com/discography/15036.html


映画『聲の形』主題歌PVに
1コーラス目は流れません。
2コーラスがメインになっている
とても珍しく
愛情の込められたPVになっています。

手話のようにひとつひとつの言葉を
読み取りながら眺めていると
自然と涙がこみ上げてくる、
私にとっては要注意なPVでもあります。

[映画『聲の形』字幕付きロングPV]のように、
ぜひ今回も
[映画『聲の形』歌詞字幕付き主題歌PV]
をリクエストさせて下さい。

この映画を観終わってしばらく経ちますが、
いまだこの作品に私の心の半分は置いてきたままです。
将也が描いたあの半円の月のように。


2016年09月18日

みずにながす

ひさびさです。
映画を観終わった後、こんなにも顔がぐしゃぐしゃなのは。

新宿ピカデリーさん、お願いです。
この上映期間中だけでも結構です。
ベンチを下さい。できれば個室で。
映画館ロビー内を通りかかる親子連れの方が
「お母さん、あの人 なんで泣いてるの?」
「あれはね。あの映画を観終わったばかりだからよ。
 そっとしておきましょ」
って言ってもらえるようなスペースを用意して頂けると、
今後この映画を観た後、ぐしゃぐしゃの方々の
手助けになるかと思います。


映画【聲の形(こえのかたち)
#原作:大今良時 / 監督:山田尚子.

今の心境を音楽にたとえてみます。
良い音楽だったなと、全部聴き終わった今、
とてもすがすがしい気持ちになっています。
ただ、この音楽には音としては認識できない
重低音がずっと鳴っていたような、音波として
この身体にずーと響いていた。そんな状態です。

隅田川花火大会を今までテレビでしか見たことが
ありませんでしたが、今年初めて間近で見る機会がありまして、
打ちあがった時のドンという音や、上空でパーっと爆発した時に
お腹で感じた響きのような、それが今でも残っている。
身体がおぼえている。そんな感覚です。今。

聲(声)の形は、目には見えませんが、
身体へと、心臓へと、確実に
いまでも鳴り響かせています。