2016年07月23日

いよいよ、とと姉ちゃん。

小橋 君子(木村多江)
「水田さん、いつも お世話になっております」
水田 正平(伊藤淳史)
「えっ、あっ。え?」

そういえば、初対面でしたね。

君子
「あぁ。常子、鞠子、美子の母です」
水田
「えええぇ。鞠子さんのお母さん!」

差し入れに持ってきたリンゴをぶちまける水田さん。
あなたはいつだって、鞠子さん。なんですね。

とと姉ちゃん』 第16週 “『あなたの暮し』誕生す”

小橋 鞠子(相楽樹)
「実は、水田さんのことがよくわからないんです」
君子
「わからないって?」

三か月間、ご無沙汰しておりました。

鞠子
「見ていると、失敗するんじゃないかって
 何だかハラハラして、心配で目が離せないんです」

胸キュン刑事、出動であります。

鞠子
「それに、何か失敗して情けない顔を見ていると
 すごくイライラしてつい怒ってしまったり。
 まるで、子供を見ているお母さんになったような気分で」

この君子さんの表情。
見ているだけで、目尻が下がります。

鞠子
「男の人を、こんな風に考えたことがなかったのに、
 戸惑ってしまって」
君子
「…それは、そういうことだと思うわ」
鞠子
「どういうことですか?」

くー。

君子
「水田さんに、恋をしてるってことなんじゃない?」
鞠子
「ええっ! 違いますよ」

そんなに全力で否定しなくても。

鞠子
「ええ。でも、私はハンサムな方が好きですし、
 ただ 放っておけないというだけで」

水田さん、どんまい。

君子
「人を想う気持ちは、いろいろあるのよ」
鞠子
「違いますよ。…違いますって」

かわいいなぁ。
みんなみんな幸せになってほしい。