2016年01月19日

サイレンの音

父の遺灰が入った骨壺を抱えて、バスや飛行機に乗ったことがある。
もういないんだけど、確かにこの腕の中にいて。
そういえば、生きている時もこんなに近づいたことは
あまりなかったなぁ。

もう声は聞くことはないけど、
残してくれたものは、いまでもずっと しまってある。
就職祝い、転勤の引っ越し祝い、帰省した時のお駄賃、
申し訳ないけど、のし袋ごと使わずに全部とってある。
今、着ている部屋着の上着も、父が着ていたものだ。

言葉は残っていないけど、父が残した多くのものに
囲まれて生きているんだと、あらためて気づかされた。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 第1話
#脚本:坂元裕二.

“満島ひかり (声)”

最後にとどめをさされた瞬間でした。

一通の手紙から始まり、
一通の手紙で終わった第一話。

ピョン吉に引き続き、あなたの言葉に
胸がしめつけられています。


追伸。

2016年、明けましておめでとうございます。
年明け早々、暗い雲に覆われたような日々が
続いていましたが、ようやくSMAPの本当の声を
聴くことができて、新年のご挨拶が心から
言える喜びをかみしめております。

2013年が『あまちゃん』だったように
今年は『とと姉ちゃん』の年として、
後世に残る年になると思いますが、
2016年1月18日が素晴らしい一年の始まりとして
私の心に深く刻まれました。