2015年11月30日

For You

つながりって、
簡単に切れてしまう。
気持ちは途切れていなくても。

この関係が切れてしまうと感じた時、
切れ目の手前をギュッとつかむ勇気。
その糸をグっとたぐり寄せる熱い思い。

もう二度と会えないという悲しい思い出があればあるほど、
強いと思う。


映画【レインツリーの国

12年半前に書いているものがweb上に残っています。

検索が世の中に広がってからというもの、
時空を越えて、このページのある日記を
読んでいる人がいるんですよね。

もしかしたら、この日記も、そんな出会いのひとつかもしれません。
検索でいらした方、いらっしゃいませ。
ozy-と申します。本名ではありません。

毎週のように映画館に行っては、
こうしてたまに日記も書いてます。

映画の中身については、ほとんど話していない気がします。
ごめんなさい。
ただ、観終わったあとに、出てきた言葉を残しています。

こんな、なにげない言葉があなたと出会うきっかけになっていたとしたら。

そんな、ときめく気持ちをこれからも持ち続けていけたらと思います。


2015年11月26日

天使の声

三枝 弘樹(勝地涼)
「なぁ 太郎。小っちゃい頃、俺達 カッパ見たよな」
桜井 太郎(オダギリジョー)
「うん、見たよ」

この自然な切り返し。
友達って、いいですね。

おかしの家』 第六話
#脚本・監督:石井裕也

三枝
「本物か?」
太郎
「わからない。初めて見るから、わからない」

私も初めてです。天使。


太郎
♪ティアラララル ティアラララル
三枝
♪トゥトゥ ティアタタ ティアタタ ティアタタタ♪

#由紀さおり・安田祥子姉妹「トルコ行進曲」より.

天使の声を手に入れた時、あるあるですよね。
二人とも嬉しそうです。

三枝
「まさか三十路過ぎて、こんなチャンスが巡って来るとはなぁ」
太郎
「あぁ。こんなにも 心が燃え上がる感覚は、久しぶりに取り戻したぜ」

どんなチャンスなのかは わかりませんが、
夢があるんです。このドラマ。

2015年11月03日

俺、語る!!

好きな人がいた。
好きな人に好きな人がいた。
この三人はよく一緒に帰っていた。

彼女が笑ってくれると、幸せになれた。
彼女が彼のことを見つめる視線に気づくと、死にたくなった。

途中までは一緒の帰り道で、
途中からは彼女と彼は並んで帰っていった。

バイバイと元気に手を振った後の
うしろ姿が、眩しいくらいに
よみがえってきた。

映画【俺物語!!

剛田猛男(鈴木亮平)は真っ直ぐだ。
ただ、人の気持はフニャフニャで曖昧だ。
だから、どこかでぶつかった時、スルッとすべって
電柱にぶつかったりマンホールにハマったりする(4.16)

俺が今までの俺でなくなっていく。
ここがふんばり時。
その分厚い膜をギューっと、サランラップを顔で
突き破るような魔法の言葉が
「好きだ!!」だ。