2015年04月30日

俺、燃える!!

大和 凜子(潘めぐみ)
「ごめんね猛男クン。
 友達が嫌なこと言ったから、
 猛男クン傷ついたよね。ごめんね」
剛田 猛男(江口拓也)
「俺は何も傷ついてはいない。
 人はそれぞれだ。人それぞれだからこそ、
 俺はお前に会えたんだ。大和」

でかいんだ。
考え方もなにもかも。

大和
「傷ついてない?」
猛男
「無傷だ」

そして、かっこいい。
とても、わかりにくいですが。

俺物語!!』 第4話「うちの彼氏」

TEL/砂川 誠(島崎信長)
「猛男。聞こえる?
 あのさぁ、大和さん。今にも火の中
 飛び込みそうな勢いだから」
大和 凜子
「猛男クーン。離して。いやああぁ」

HDDレコーダーからウォークマンへ
おでかけ転送したものを
出勤中の電車内で見ていました。

TEL/砂川
「そういうわけだから、お前。
 なんとか早いとこ 帰って来てくれる?」

左手につり革、
右手でウォークマンをつまみながら

TEL/砂川
「お前いないと、俺もつまんないし」

涙ぐんでました。


2015年04月29日

地に足がついた感じ

鴨田 静(山口智子)
「(心が)壊れたこともない人間に、
 壊れた人間のこの気持がわかるのか。えぇ。オイ」

白神先生(山西惇)、思わず のけぞります。


「なんて、先生のことじゃないですよ。
 先生がもう壊れたことあるくらいのことは
 お顔を見ればわかりますよ。
 この辺でしょ。あ、ここかな」

さらっと失礼なことを言いますね。

このコーナー(白神メンタル相談室)、地味にお気に入りです。
初めて見る人でも、これまでのあらすじが何となくわかりますし、
ずっと見ている人も、このクライアントの「本当」が
ガーッと来るんですよね。


心がポキッとね』 第4話

糸山 扶美(徳永えり)
「コーヒー、入れなおしてきます」
小島 春太(阿部サダヲ)
「え、なんで」
扶美
「これ、怒りモードで入れてしまったから、
 …もう一度、春太が癒されますようにって
 願いをこめて入れてきますね♪」

そういう気持ちの問題って、ありますよね。

春太
「…飲みたくない。そんなの」

伝わってませんけどね。


庄司 加代子(池津祥子)
「なんか、コワイよ。その笑顔」
扶美
「なにがですか? 私は間違ってなかった。
 それがよーくわかりました」

扶美にもぜひ来ていただきたいです。
あのコーナーに。



「なに言われてもヘラヘラしてるのなんて
 平気へっちゃらです。
 …でも、嬉しかった。ありがとう」

くー。
突然でしたね。突然だったけど、嬉しかったなぁ。


大竹
葉山 みやこ(水原希子)
「…というわけでした。すいませんでした。
 では、失礼します。葉山みやこでした」

そして、往年のCoccoのように
みやこちゃんは走り去って行きました。
そんな彼女に、幸あらんことを。


2015年04月23日

俺、近い!!

砂川 愛(中学生/井上喜久子)
「猛男ってさぁ。アイツ 顔近いよね。
 なんか いつも」
砂川 誠(10歳/寺崎裕香)
「ううん」

姉さん、ついに登場です。
単純にファンなので、
もう出てくるだけでキュンとします。

“ピンポーン”
ドアモニター全面に猛男の眉毛とおでこ。

通話ボタンを押す姉さん
「近いから」
剛田 猛男(10歳/花藤蓮)
「おぉ、そうか」

笑かそうとしてますでしょ。

俺物語!!』 第3話「俺の青鬼」

大和 凜子(潘めぐみ)
「猛男くんって時々、顔近いから困る。
 ドキドキしちゃって」
砂川(島崎信長)
「うん、困るよね。…おかしくて」

子供のころから
砂にとって、猛男はツボなんでしょうね。
楽しいから、一緒にいる。
ただ、それだけ。


剛田 猛男(江口拓也)
「んん? どうした?」
凜子
「キャー」

慣れるまでは、大変です。