2015年03月30日

ぷかぷか浮かぶ 雲のように

山田 誠司(根岸拓哉)
「食べる?」
念力 玲子(吉田まどか)
「山田…先輩」

食パン3斤分はありますかね。
とにかくスライス前の食パン丸ごとを
小脇に抱える山田先輩は、男から見ても
憧れます。

天てれドラマ『念力家族』 「押し寄せる家族の念を 食卓のナイフとフォークで切り刻みゆく」
#原案:笹公人 / 脚本:佐東みどり

ときどきあるんです。
ドラマを見終わった後、日記を書かずにはいられない
衝動にかられる瞬間って。


山田先輩
「パンって 6千年も前からあるらしいぞ。
 すごいよなぁ」
玲子
「はぁ」

玲子、大丈夫だ。
日本国民の90%が、君と同じ返答をするだろう。


山田先輩
「あの さぁ」
玲子
「ハイ。なんですか」
山田先輩
「ちょっと 気になるんだ。お前のこと」
玲子
「え、えっ、あの。えっええぇ」

山田先輩の顔が急接近。
押し倒されるように、そっと目をつぶる玲子。

山田先輩
「ほら、ついてたよ。パンくず」
玲子
「ぱん、パンくず?」
山田先輩
「パンはうまいけど、パンくずはなぁ」

そして、おもむろに2斤分はあるだろう
食パンにかぶりつく山田先輩。

玲子
「…山田先輩」
山田先輩
「ん?」
玲子
「パン、おいしいですね」
山田先輩
「おう」

嬉しそうだ。ふたりとも。


2015年03月28日

ガラスの林檎たち

鷲尾 豊(中島裕翔)
「思い出って 美化されちゃうでしょ? だから
 その人の 嫌なところ、悪いところ、嫌な思い出、
 そういうのを全部書き出したんです」

忘れたい人対策についてのアドバイスを聴く
この真剣な姿勢も、今回が最後なんですね。
さびしいです。

鷲尾
「やったんですか?」
藪下 依子(杏)
「はい。今もやっています」
鷲尾
「…これ、一冊 全部ですか?」
依子
「いえ。三冊目です」

書き始めたらどんどん出てきたんでしょうね。
これも書いておかねばと。もう事細かく。
そして、その全てが鮮明に憶えている。

デート〜恋とはどんなものかしら〜』 最終話
#脚本:古沢良太 / 演出:武内英樹.

谷口 巧(長谷川博己)
「子供の頃からずっと
 恋ってものが わからなかった人が、
 わからないからこそ
 恋がしたくてしたくて しかたなかった人が
 やっとできるようになったんだよ。
 その相手が僕だなんて可哀想すぎるよ」

こんなにも相手のことを思って、

依子
「私には 人の心がわからないんです。
 だからいつも 相手を傷つけてしまう。
 谷口さんは とっても繊細で
 壊れやすい心を持った人です。
 私では駄目です」

自分のことをへりくだる。

恋とはどんなものか わかりませんが、
そんな相手がそばにいてくれる、
そういう生活はきっと
幸せです。


依子
「まだ見ますか?」

「もう少し見ましょう」

恋とはどんなものか わかりませんが、
そんなあなた達と過ごした三ヶ月は
ハッピーそのものでした。

2015年03月21日

太陽みたいな人

門司 誠人(東出昌大)
「俺と店やろうよ。
 俺がシェフやるから、お前が店つくって」
田中 たま子(真木よう子)
「そうやって いつもおかしなことを言い出す。
 それだったら、まだ海…」

この時から、もう心に決めていたんですね。

問題のあるレストラン』 Story 10

新田 結実(二階堂ふみ)
「奇跡、起きなかったですね」
たま子
「奇跡は起こりましたよ。
 …奇跡は起こりすぎてて、気付かなかったんです。
 奇跡は、その日 1日1日、その 1秒1秒です」

この日、
たま子だけひとり強くいられたのは、
次を見ていたから。

たま子
「私は みんなの顔を毎日見ながら 思ってました。
 今日をちゃんと生きれば、明日は来る」

前に向かって進もうという人は
今を生きるチカラに満ちています。