2014年06月22日

青島魂!

#最終回前日の「王様のブランチ」にて.

“唐沢寿明が選ぶ名シーン
 衝撃! 投手・沖原の出現”

唐沢寿明さん
「ユニフォームもないのに出てきて、
 みんなにバカにされてね、野次とか受けて、
 それで投げた球が153km/h」
司会/本仮屋ユイカさん
「すごいですよね」
唐沢寿明さん
「最終回、250km/h になるんじゃないかって」

期待です。

ルーズヴェルト・ゲーム』 最終回

大道 雅臣 監督(手塚とおる)
「お前らと一緒に野球ができて、嬉しかった…」

試合前の監督のゲキ、
いつも高まってました。
今週のスタートを切る、
原動力になってました。
ありがとうございました。

#9回表
青島 毅 会長(山崎努)
「高みの見物なんかしてられるか。
 笹井、久しぶりに行くぞ」
笹井 小太郎 専務(江口洋介)
「社歌いくぞー」

やったー。
こっちも歌詞、覚えたぞー。

#最終回裏
北大路 犬彦(和田正人)
「あとは頼んだぞ。沖」
井坂 耕作(須田邦裕)
「沖、ありがとうな。
 こんな最高な試合できたのも、お前のおかげや」

くおぉ。
お前ら、最高や。

審判
「ゲームセット」

大人だって青春したっていいじゃない。

TOYOカメラ社長/尾藤 辰五郎(坂東三津五郎)
「…その目でよく見たまえ」

大人だって、涙を流したっていいじゃないか。

新橋SL広場23:50の会話

副音声。最終回はありませんでしたが
楽しませて頂きました。
レミ絵さん(菜々緒)と白雪さん(田畑智子)の
やりとりとか。
本編だけで見てきた人と、副音声版で
見てきた人では、レミ絵さんの印象って
だいぶ違うのではないでしょうか。

HDDレコーダーで録画していた人は
録画モードによって副音声が収録されて
いなかったりするんですよね。
ブルーレイ・DVDが出た際にはぜひ副音声に
切り替えて、大沢編集長(板谷由夏)のモノマネとか、
ドナドナのフレーズとか、ERENAさん(石田ニコル)による
“F&M Japan(ファスベンダー&マッカートニー・ジャパン)”
の正しい発音をぜひチェックして頂ければ幸いです。

ファーストクラス

大沢 留美(板谷由夏)
「あなたは、自分の仕事をまっとうしたわね」
吉成 ちなみ(沢尻エリカ)
「…私が仕事をやり遂げたか どうかは、
 まだわかりません」

全力で走り続けている人は、
自分の走っている姿って
見ることができないんですよね。

外から見て、その場所がゴールだとしても、
自分の中では、通過点だと感じていたりして。
この先もずっと道は続いていて、
まだまだ たどり着いていない自分がいる。

その道の途中で、物語として終わる。
これもまた美学だと思います。

ラスト手前で、ちなみが自作ノートを広げていた場所、
あの場所でしたね。
#参照日記「こないだの公園のベンチ」(’06.8.19)
よく晴れた日に、また行ってみたいです。