2014年03月20日

屋根まで飛んで こわれて消える

アスカ(杉咲花)
「ならば、こういう話はどうだ?
 ある日 学校に転校生がやって来る。
 一見普通の男子なのだが、どこか様子がおかしい。
 普通の人間とは違うのだ。どうしてだと思う?」
太田 くみ(椎名琴音)
「どうしてですか?」
アスカ
「うーん。どうしてだろうなぁ。
 そこは自分で考えよ」

あぁ、はい。

アスカ
「それからしばらくして、
 もうひとり転校生がやって来る」
くみ
「なーるほど」

来たよ。

アスカ
「見た目は普通の女子なのだが、
 やはり どこか普通ではないのだ」

自覚されていたんですね。

くみ
「なぜだろう」
アスカ
「そこは考えよ」

あぁ、やっぱり。

ドラマ24『なぞの転校生』 #10
#原作:眉村卓 / 脚本:岩井俊二 / 監督:長澤雅彦.

香川 みどり(桜井美南)
「ひとつだけ言っておきたいことって?」
アスカ
「典夫(本郷奏多)を好きになってはならない」
みどり
「えっ、わたし別にそんな」
アスカ
「隠さなくてもよい。顔にかいてある」

じゃあ、しょうがないか。

アスカ
「それで幼なじみ(中村蒼)との関係にも
 ヒビが入った というところか?」
みどり
「なんか 案外よく見てるのね」

ここまで、ストレートに言われると
認めざるを得ないんでしょうね。

アスカ
「人の心のアヤを読み取れなければ
 生きて行けぬ立場ゆえにな」

ちょっと、きた。



アゼガミ(中野裕太)
「驚いたな。
 この世界じゃ 私とそなたが夫婦だと」

タイトル同様、
なぞばかりの世界で

スズシロ(佐藤乃莉)
「想像したこともありませんでした」
アゼガミ
「私もだ」

感じることしかできないのですが

スズシロ
「…幸せそうでした」

身もだえるくらい
せつなくなるのは
なぜだろう。

2014年03月12日

わるい男のDNA

小動 爽太(松本潤)
「でも、そういうの 作ってって
 言われたんじゃないと思うんだよね」
井上 薫子(水川あさみ)
「あぁ、不倫プリンセスのご所望ですか」
爽太
「パックパックじゃなくて、
 バックバックなんだよね」
オリヴィエ・トレルイエ(溝端淳平)
「スルーか」
小動 まつり(有村架純)
「スルーした」
薫子
「スルーかよ」
薫子さんのその左目だけヒックヒクさせるの、
どうやるの?

爽太
「こう、ネガティブな気持ちになった時に、
 バックバック食べて 気分良くなるやつ」
オリヴィエ
「ストレス解消で食べるような?」
薫子
「あぁ、バッキャボリボリ! みたいなね」
今日は絶好調です。

爽太
「…いい顔してたね、薫子さん。
 もう一回やって」
薫子
「やらんわ」
いいコンビなんですけどね。

爽太
「今の感じ、いいなぁ。
 なんかヒントになりそうだな」
どこのことだろう。
バッキャボリボリ! の時の顔かな。

オリヴィエ
「やっぱり ストレス女性のことは
 ストレス女性に聞け、だね」
薫子
「ハハ、うるせえ」
ホンマやで。

失恋ショコラティエ』 第9話 「最終章突入! 正も誤もない、これが恋だ」

吉岡 紗絵子(石原さとみ)
「でも、まつりちゃんは間違ってるよ」
まつり
「えっ」
紗絵子
「まつりちゃんが 前の恋で失敗したのは、
 彼を信じたからじゃないよ。
 信じる相手を間違えたからだよ」

スコーンとね。
まつりの中で、暗い雨雲からひとすじの光が
ピカっと見えたような。
嬉しかったでしょうね。


まつり
「昨日、思いきって さっそく(オリビエに)
 メールしたんですけど、よかったんですかね」
紗絵子
「いいよ。その調子でグイグイいっちゃいなよぉ。
 おはようございます」
まつり
「薫子さん、おはようございます」
なに、この状況。って顔にかいてありますよ。

まつり
「いってらっしゃい」
紗絵子
「なんか進展あったら教えてね、まつりちゃん」
まつり
「はいっ」
紗絵子という女。おそるべし。


薫子のメール受信BOX
“関谷 宏彰 無題”
薫子
「せきたに。
 誰だ、迷惑メール?」
悲しき女。薫子。

薫子
「あ、せきや!」
薫子のメール受信BOX
“Subject:無題
 くわしく”
薫子
「…なんじゃそりゃ!」

更衣室のカーテンが引きちぎれそうですよ。


2014年03月10日

責任

#3月10日(月),映画を観た直後に書いたメモ帳をそのままお送りします.

ジャイアン(木村昴)
「なんだよ。結局、一緒じゃねぇか」
のび太(大原めぐみ)
「そうだよ。みんな一緒だよ。
 これから何が起きるにしても、
 僕らはずうっと一緒だよ」

原作のコミックスも持ってる。
前回の映画も観ている。
ストーリーは文字通り、子供の頃から
刷り込まれているのに、
思い出しただけで涙が出ています。
もう今。

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜

平日の昼間というのに、
劇場には子供たちが何人もいて、
前半はケタケタ笑って、
後半になってくると、
ぐっと入り込んでいるようでした。
うんうん。
僕らはもう同じ体験をした
仲間だぜ。

ドラえもん劇場版がある限り、
日本の子供たちは大丈夫だと
私は信じて疑いません。