2014年03月31日

アンドロイドは夢をみる

太田 くみ(椎名琴音)
「一見、普通の転校生なんですが、実は
 別のパラレルワールドからやって来た異次元人!」

姫、嬉しそうに聞いています。

くみ
「さらにもうひとり転校生がやって来るんですが、
 これが 異次元のお姫様!」
アスカ(杉咲花)
「よく考えたな」

やったー。
以前(3.20)、姫から出されたお題に対して
太田くみ監督、考えに考えたんでしょうね。
正解してしまいました。

アスカ
「ついでにその 下北沢なる転校生が
 アンドロイドだったというのはどうだ?」
くみ
「そのアイデア いただき」
いただきましょう。

『なぞの転校生』 #監督・脚本 太田くみ

香川 みどり(桜井美南)
「ねぇ、山沢くん」

いきなり転校生の役名が“下北沢”から
本名の“山沢”に変わってますね。
主演女優のみどりさんから脚本の“直し”が
入ったと思われます。

みどり
「わたし、山沢くんのこと」
山沢 典夫(本郷奏多)
「…僕は、アンドロイドなんだ」
みどり
「なにそれ」

なりますわな。

ドラマ24『なぞの転校生』 #12 最終回

もうね。劇中歌の
ヘクとパスカル「風が吹いてる」が
頭から離れません。
この喪失感、なんでしょうね。

もう戻らない“あの頃”に
ぎゅっと せつなくなること。
この世界の彼らに見る
“これから”の希望の光。
この2つを目の前にした僕らは
もう走り出したくなるんです。
青春ドラマって、
こういうものでした。
あらためて
思い出させていただきました。


2014年03月27日

永遠の1分間

#映画を観た直後に書いたメモ帳をそのままお送りします.

あたりまえのようにあるのに、
普段は見えなくて。
ずっと前からいるのに、
気にすることもなくなった毎日だった。

見ようとするのは大変だけど、
苦労して、時間を掛けて、
見えた時の瞬間は
たとえ短い間だったとしても
いまでも心に焼き付いている。

今なら、はっきりと思い出せる。
ずっとずっと
近くにいてくれたんだ。
そんな宝物みたいな思い出を
これから積み重ねていけたらいいね。
三人で。

神様のカルテ2


2014年03月26日

「わるい」男のふられ方

小動 誠(竹中直人)
「(肉まん) うまいだろ」
小動 爽太(松本潤)
「うん」

「どんなに落ち込んでたって 腹はへるしな。
 うまいもん食えば 人は幸せになれる。
 だから俺は ケーキ屋になったんだ」

シンプルな男が、一番強いと思う。

失恋ショコラティエ』 最終話

オリヴィエ・トレルイエ(溝端淳平)
「ついに言っちゃったね」
井上 薫子(水川あさみ)
「言うつもりなかったけどね。
 …なんかね。初めて ちょっとだけ、
 自分を好きになれた気がする」

僕らはずっと待っていた。
薫子さんのこの、
心からの笑顔を。


薫子
「まぁ 孤独と向き合う時間も人生には必要だよ」
ふんばれ
ってことです。

薫子
「いってらっしゃい」

どうか、お元気で。