2013年08月31日

スターダスト メモリー

有働由美子アナ
「土曜日(8.24)のさぁ、あの水口ハグはさぁ
 あれ、愛あるよね?」

土曜日はあさイチがお休みなので、
月曜日のオープニングにブッ込んできました。
ただ 土曜日も、いのっちとは“受け”のやりとりを
メールでしているようです。

あまちゃん』 第22週 “おらとママの潮騒のメモリー”

携帯電話/天野 春子(小泉今日子)
「あんなダンサーくずれの踊りヤクザに
 うちの娘を死んでも巻かれない」
春子さん、隣で聞こえてますよ。

春子
「どうも。…いつから?」
足立 ユイ(橋本愛)
「ラーメン・ライスくらいから」
春子
「やだもう、恥ずかしい」
そういうの、あるんだ。

ユイ
「いや。カッコ良かったっスよ」
確かに。


天野 夏(宮本信子)
「春子、ほら持ってけ。ウニ丼。
 あいつまだ寝てんだ、もう…」

こういう終わり方は、その日一日
引きずられますね。


鈴鹿 ひろ美(鈴鹿 ひろ美(薬師丸ひろ子))
「この先、つらいことがあったら
 これで、涙ふきなさい」

人生にひとつでも、こういうモノを持ってる人は
強いと思う。


春子
「来年の夏まで、恋愛禁止っていう条件で
 予備校のCM受けたよね。ねえ水口。ねぇ水口っ」
リズミカルに水口っ。

水口 琢磨(松田龍平)
「でも、二人はプラトニックです。
 …じっちゃんの名にかけても」
春子
「じっちゃんって誰だよ」
確かに。


鈴鹿 ひろ美
「今、日本で “天野アキ”をやらせたら
 アンタの右に出る女優はいません」

役柄を越えて、薬師丸さんが能年玲奈さんに
語りかけているように聞こえました。
個人的には、同じセリフをTOSHIYA(勝地涼)にも伝えたい。


鈴鹿 ひろ美
「…ごめんなさい」
荒巻 太一(古田新太)
「申し訳ない。春ちゃん」

私たちがこの数カ月間ためてきたモノが
富士の雪解けのように
日本中でふんわりと流れているような気がします。

その日の有働アナ
「アカンよ。泣いたらアカンよ」

わかってるのに。ずるい人だ。

2013年08月25日

三歩進んで 二歩さがる

最近は減ってきたんですが、
街中を歩いていると右足の靴下が
足の裏まで脱げていることがあります。

左足はまったくの無傷なんですけどね。
なぜか、右足だけが脱げています。

身体の重心が右に傾いているんですかね。
それとも、気付かないうちに
右左右左右右左右右右…
みたいに右ステップが多いのかもしれません。

今まで 周りから指摘を受けたことはありません。
もしかしたら、「そっとしておこう」という
優しさ同盟を知らない間に結ばれているのかも
しれません。

優しさ同盟軍のみなさん、
実は私、気づいているんですよ。
だからもう「歩き方が変だよ」って
はっきり言って頂いて、大丈夫です。

posted by ozy- at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

ルパン ザ サード

入間 しおり(松岡茉優)
「そっちの方は、派手にやってますか?」
天野 アキ(能年玲奈)
「そうでも、ないかな」

種市先輩(福士蒼汰)のわさびをすり下ろすスピードが
若干ゆがんで見えました。

水口 琢磨(松田龍平)
「おいおいおい、君たち。
 お父さんの目の前でそんな」
黒川 正宗(尾美としのり)
「派手にやってんのか アキ?」

パパも手をグーにしてインタビューです。

遠藤 真奈(大野いと)
「ていうか、もしかして 憧れの先輩!」

パパの目線がけわしい。

喜屋武 エレン(蔵下穂波)
「そういう水口はどうなわけ。
 アキのこと、どう思ってるわけぇ」

顔が峰不二子みたいになってますよ。
標準語が逆にこわいです。

あまちゃん』 第21週 “おらたちの大逆転”

231
「ホントだ。ちょっと嬉しい。
 おめでとう」
236
「ありがとう」

泣いていい。
泣いた分だけ、素敵な女優になるがいい。


アキ
「水口さん、泣いてんのか?」
水口
「うるさい。もっと泣くぞ」

泣いていい。
私も泣いていいですか。


天野 夏(宮本信子)
「居たいだけ、いればいい」
天野 春子(小泉今日子)
「じゃあ、そおする」

はたから見れば、よくある夏の帰省風景なんですよね。
こんな何気ない会話を交わすのに、
26年 掛かりました。