2013年04月03日

おはなみ

日中、恐ろしいくらい鼻水が出ています。
夜は夜で出てはいるのですが、今は家に帰っているので特に問題はありません。

やはり、今問題なのが日中のオフィス内での鼻対策です。
最初は「花粉症かな」と、今風な原因を考えていたのですが、
花粉があまり飛ばないと言われている雨の日にも、
症状はあまり変わりません。
それどころか、昨日・今日と東京はずっと雨模様でしたが、
私の鼻水の量といったら、観測史上最も多いかもしれません。

とりあえずの対策としてはこちら
“鼻の穴にティッシュをつめる”

鼻が出ている穴だけで大丈夫かなと、左だけにつめていると
右サイドからも徐々に出てきます。
「あぁ人間の穴は全部つながっているんだな」
とあらためて実感しました。

両鼻をつめ始めてからは30分、
調子が良い時は1時間はキープできます。
ただ 徐々に湿ってくるので、定期的な湿り気チェック、
限界間近になる前にはティッシュ交換は欠かせません。
テレビ業界でいう、テープチェンジみたいな感覚でしょうか。

特に周囲からは言われてはいませんが、この
“鼻の穴にティッシュをつめる”
という行為自体、ビジネス・マナー的にはいかがなものかと
最近疑問を感じています。
初めて見る方からはたいがい
「鼻血ですか?」
と、余計な心配をかけさせている面もあります。

聞くところによると、この4月から頼もしい新入社員が
何十人と入ったようです。
新人研修を終えて、初めて配属されるプロジェクトの初日、
「先輩、よろしくお願いします!」
というフレッシュな挨拶を交わす相手が
“鼻の穴にティッシュをつめている”
まだ見ぬ、この新入社員が3年以内に辞めてしまわないか、
今から心配です。

両鼻の穴が閉じられているので、呼吸は口ですることになります。
おかげで、のどがカラカラです。若干、痛みもあります。
水筒のお茶を飲むのですが、息が苦しいのです。
気を抜くと鼻のティッシュがドリル状に飛んでいきます。
もう毎回のお茶飲みが、文字通り命がけです。

両鼻の穴にティッシュをつめて、
水筒のお茶を飲んだあとゲホゲホいってる先輩がいる職場。
まだ見ぬその新人さん、確実に五月病です。


posted by ozy- at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする