2013年04月22日

なんてったって アイドル

これは価値観の話なんだなと思った。
価値観のブレてない人、その生き様を見た時、「かっけえー」がでる。
価値観のズレを感じた時、でてくる言葉が「じぇじぇじぇ」
ブレない人とブレ続ける人。
北三陸にずっと住んでいる人達はたいがい強い価値観を持っている。
この場所が一番だと思っている。だからここにずっといる。
ここの生き方、つまり海女として生きていくと決めている人。
そのブレなさに思わず出た「かっけえー」だ。
天野アキ(能年玲奈)はそこに惹かれた。そして、その道を選んで
入っていった。

あまちゃん』 第3週 “おら、友だちができた!”

足立ユイ(橋本愛)はこのブレない人や場所ではなく、
東京に憧れを抱いている。東京、つまりは常にブレ続けている街だ。
ここは変わらない。ここにいる人たちのようになるのはイヤだ。
そんな思いを抱いた人達は、故郷を離れ、東京へ行く。

(1) 東京しか知らない童子が北三陸に来たアキの物語
(2) 元々いた北三陸に戻ってきた春子(小泉今日子)やヒロシ(小池徹平)の物語
(3) 北三陸にずっといる夏(宮本信子)や北三陸の人々の物語

この3つが交差して、関わって、「じぇじぇじぇ」が生まれる。
元々(3)だった(2)の人々は、(3)にいては「じぇじぇじぇ」はないと、
まだ見ぬ「じぇじぇじぇ」を求めて東京を目指す。
そこから24年ぶりに戻った春子、2ヶ月半で戻ったヒロシ。
(2)として(3)の人々と生活していく。

足立ユイ
「アイドルになりたああぁい」

東京に対して、夢に向かって、まっすぐなユイ。
迷いのないその生き様にやっぱり「かっけぇ」と思うアキ。
ユイも、紛れもない北三陸の女なのだ。


このドラマのおもしろいところは、NHK朝ドラとして
多くの人が見ているということだ。
(1)(2)(3)をリアルに生きている人達が、それぞれの視点で見ている。
宮藤官九郎作品に初めて触れる人もたくさんいる。うちの両親もそうだ。
同じドラマを見ている。
あまちゃんについて何か話しちゃってる。
10年前には考えられなかったことが今起きている。
忘れられない年になりそうだ。


2013年04月06日

いつでも 夢を




ちょうど、一年前ですね(2012年4月10日)
ツイッター上で歓喜の雄叫びを上げました。

来年春から放送開始のNHK朝の連続クドカンドラマ
『あまちゃん』 こわいくらい期待しております。
#映画【カラスの親指】【グッモーエビアン!】日記('12.12.19)

ようやく、この春がやってきました。


天野 夏(宮本信子)
「だったら、何ぼ考えずに飛び込め。
 何とかなるもんだべや。冷てくねぇからな」
天野 アキ(能年玲奈)
「気持ちいい!」

目の前に海があったら、飛び込む。
こうしてまた一人、NHK朝の連続テレビ小説という大海原へ
飛び込んだヒロインが誕生しました。

あまちゃん』 第1週 “おら、この海が好きだ!”
#作:宮藤官九郎/演出:井上剛/音楽:大友良英

実は、初回放送の前日(3/31)、
渋谷ヒカリエで行われたトークショーに行って来ました。
#番組公式HP「とっておきトーク
#出演:福士蒼汰(種市浩一 役)/訓覇圭(チーフ・プロデューサー)

福士蒼汰さん
「“じぇじぇじぇ”はもう、流行語大賞ねらってます」

この後、福士蒼汰さんから正しい“じぇじぇじぇ”のレクチャーを
会場全員で受けまして、トークショーの最後は1000人弱の皆さんと
拳を掲げて“じぇじぇじぇー!!”で締めくくるという、この状況自体が
じぇじぇな体験をしてきました。

翌日の放送第1週から、これほど多用されるとは
思いませんでした。
クドカンさん、本気でねらってるかもしれません。

今、最有力候補としては“アベノミクス”がありますが、
これにどう対抗していくのかが今後のポイントになりそうです。
目標としては、光文社から刊行されているファッション誌
JJ」とのコラボレーションですかね。




土曜スタジオパーク in 岩手

高山哲哉アナウンサー
「“じぇ”以外にも、久慈・岩手の言葉で
 お気に入りの言葉って何かありますか?」
能年玲奈さん
「やっぱり、“たますぽうろぎ”」
#岩手のお客さん爆笑.

高山哲哉アナウンサー
「食べ物ですか? “たますぽうろぎ”」
能年玲奈さん
「なんか、びっくりした時とか感動した時に使う言葉で、
 語源が“魂が揺さぶられる”みたいな。衝撃的で」

次はこれですね。“たますぽうろぎ”

宮本信子さん
「今日、友達からメールが来ましてね。
 昨日、東京の地下鉄の中で、女学生3人が
 じぇじぇを連発していて、」
#会場から拍手.

宮本信子さん
「大笑いしてるんですって。
 そして、周りのお客様もニッコリして」


良い話ですね。
なんかもう 嬉しくて、涙が出そうです。

良かった。『あまちゃん』愛されてます。

2013年04月03日

おはなみ

日中、恐ろしいくらい鼻水が出ています。
夜は夜で出てはいるのですが、今は家に帰っているので特に問題はありません。

やはり、今問題なのが日中のオフィス内での鼻対策です。
最初は「花粉症かな」と、今風な原因を考えていたのですが、
花粉があまり飛ばないと言われている雨の日にも、
症状はあまり変わりません。
それどころか、昨日・今日と東京はずっと雨模様でしたが、
私の鼻水の量といったら、観測史上最も多いかもしれません。

とりあえずの対策としてはこちら
“鼻の穴にティッシュをつめる”

鼻が出ている穴だけで大丈夫かなと、左だけにつめていると
右サイドからも徐々に出てきます。
「あぁ人間の穴は全部つながっているんだな」
とあらためて実感しました。

両鼻をつめ始めてからは30分、
調子が良い時は1時間はキープできます。
ただ 徐々に湿ってくるので、定期的な湿り気チェック、
限界間近になる前にはティッシュ交換は欠かせません。
テレビ業界でいう、テープチェンジみたいな感覚でしょうか。

特に周囲からは言われてはいませんが、この
“鼻の穴にティッシュをつめる”
という行為自体、ビジネス・マナー的にはいかがなものかと
最近疑問を感じています。
初めて見る方からはたいがい
「鼻血ですか?」
と、余計な心配をかけさせている面もあります。

聞くところによると、この4月から頼もしい新入社員が
何十人と入ったようです。
新人研修を終えて、初めて配属されるプロジェクトの初日、
「先輩、よろしくお願いします!」
というフレッシュな挨拶を交わす相手が
“鼻の穴にティッシュをつめている”
まだ見ぬ、この新入社員が3年以内に辞めてしまわないか、
今から心配です。

両鼻の穴が閉じられているので、呼吸は口ですることになります。
おかげで、のどがカラカラです。若干、痛みもあります。
水筒のお茶を飲むのですが、息が苦しいのです。
気を抜くと鼻のティッシュがドリル状に飛んでいきます。
もう毎回のお茶飲みが、文字通り命がけです。

両鼻の穴にティッシュをつめて、
水筒のお茶を飲んだあとゲホゲホいってる先輩がいる職場。
まだ見ぬその新人さん、確実に五月病です。


posted by ozy- at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする