2013年04月29日

津軽海峡 冬景色

足立 ヒロシ(小池徹平)
「俺に合う場所なんか、この国にあんのかなって思いますね。
 北三陸も好きじゃないし、盛岡行ってもピンと来なかったし、
 東京行ったらなんとかなるかと思ったら、どうにもなんねぇし」
天野 春子(小泉今日子)
「わかる。
 田舎がイヤで飛び出したやつって、東京行ってもダメよねぇ。
 逆にさ、田舎が好きな人っていうのは、東京に行ったら行ったで
 案外うまくやっていけんのよ。きっと。
 結局、場所じゃなくて 人なんじゃないかなって思う。最近」

2週目で、答え
出てました。

あまちゃん』 第2週 “おら、東京さ帰りたくねぇ”

黒川 正宗(尾美としのり)
「元気でな。パパ、東京帰るから」
天野 アキ(能年玲奈)
「まだ いたんだ」
正宗
「…うん。まだ、いた」

アキちゃん、ストレート過ぎるわ。

正宗
「ママと二人で 何しゃべるんだ?」
アキ
「…パパのこと」
正宗
「うっそ」

思わず、タクシー寄せちゃいました。

正宗
「どんなこと?」
アキ
「だいたい悪口」

子供って、残酷ですね。


笑顔の裏側

小百合(上野なつひ)
「声優の仕事自体も、もう辞めるの?
 …もう一度、頑張れない? がんばろうよ」
大友 春子(佐藤めぐみ)
「ごめん。突然辞めて、みんなに迷惑かけて。
 がんばってね。小百合は、私も分までがんばれ!」
小百合
「…」
春子
「ありがとうね。小百合」

こういうやりとりを、卒業発表の裏側で
彼女たちはしてきたわけですよね。

すみません。ドラマとは関係ないところで
感情移入してしました。

間違われちゃった男』 第3話
#原作・脚本:宅間孝行

テル(沢木 裕次郎(古田新太))
「春子が選んだ新しい道をさ。…
 大人として立派な決断を下したわけだから」
藤原 源太(大河内浩)
「いつもの俺たちでいないねぇとな」
藤原 セツコ(石田えり)
「みんなで一緒になって泣いても しょうがないもんね」
源太
「前しか向かねえって決めたんだからよ、俺達は」

こういう大人が周りにいる限り。大丈夫だ。
生きていける。俺達は。


テル
「ヤスよ。
 春子のような若い子がさ。夢あきらめてさ、
 寿司政のために 頑張って。
 アイツが夢あきらめた時のこと考えると泣けてくる
 って言うかさ。見捨てらんないだろっ」
ヤス(川村 靖(中丸雄一))
「他人ですから。兄貴は」

それを言っちゃあ、おしまいよ。

テル
「俺達が。ここのために、寿司政のために何ができるのか。
 もうこれは運命だろ」
ヤス
「何が運命なんですか」
テル
「俺と秋子さん(戸田菜穂)のだろっ」

そこー。
まぁ、聞くまでもなかったけれども。

テル
「よし。寝るぞ。
 明日から本格的に板前 目指すぞ」
ヤス
「…はい」

もう、「はい」以外、出ないわ。


2013年04月27日

君に 胸キュン

天野 アキ(能年玲奈)
「でも、ユイちゃん見てると、
 オラも明日からがんばっぺと思うんだ」
足立 ユイ(橋本愛)
「…アキちゃん」
アキ
「きっと、あの人らも そう思ってっぺ」

帰りの北鉄に乗ったあの人らが、夕日に照らされる中、
ウニ丼食べたり、写真撮り合ったり、
ユイの写真を一緒に眺めたり。
ホント、みなさん良い笑顔です。

あまちゃん』 第4週 “おら、ウニが獲りてぇ”

足立 ヒロシ(小池徹平)
「やっぱ俺、好きみたいです!」
大向 大吉(杉本哲太)
「てめぇ若造。この俺を差し置いて」

大吉さん、まっすぐですよね。

天野 春子(小泉今日子)
「あたしじゃないわよ」
大吉
「えっ」
今野 弥生(渡辺えり)
「あたし?」

おもろいわ。

弥生
「あ、びっくりした。夢かと思ったわよ。
 あれ? びっくりして、標準語になっちゃったわよ」

声のトーンも裏返ってるわよ。

弥生
「おらの経験上、海女になって 彼氏ができると
 潜りが上達するんだぁ」
春子
「やめて 下ネタ」
弥生
「まだ 下ネタ言ってねぇべぇ」
春子
「言ってるようなもんじゃん、それ」

とりあえず、その北鉄模型をタオルでフキフキするのはやめようか。