2007年09月19日

「一緒に帰ろう」

#映画を観た直後に書いたメモ帳をそのまま写しております.

高崎に友達が引っ越す。
この前の日曜日(9/16)、彼の地元でお別れ会をした。
私にとっては初めて会う人、数年振りに会う人もいたが、
ひとつだけ共通点があるとすれば、彼の門出をみんな
祝っているということだ。
高崎という、見知らぬ街に彼が旅立つ。感覚としては
外国に送り出すような気分だった。
そんな気持ちを数日引きずったまま観たのがこの映画だった。


包帯クラブ

驚いた。高崎が舞台になっていた。
はじめてみる景色なのに、どこか懐かしい。
日本の風景。
病院の屋上から見える、山々。駅前には高層ビル。
不思議な景色だった。彼はここに住むのか。
映画が流れていくにつれ、少しずつ高崎のことを知る。
そこに住む人々を目にしていく。高崎の温かさを感じる。
この街なら、彼のこともきっと迎えいれてくれるだろう。
安心した。そして、私も高崎に行きたくなっていた。

高崎がこの映画を全面にバックアップしている。
これは映画を観ればわかる。高崎だから出来た映画だと思う。
私達と包帯クラブを結びつけてくれた高崎市に感謝したい。
ありがとう。
高崎、必ず遊びに行くから。待ってて。
それまで、元気で。いってらっしゃい。

彼もこれから、高崎で生きていくんだ。
この街で結婚し、子供が生まれて、家族になった時は
子供にこの映画を観せてあげてほしい。きっと彼は
子供にこうつぶやくだろう。

「父さんが移り住んできた時の高崎だよ」
「包帯が街中にいっぱい巻かれてたの?」
「心の傷の分だけ、包帯が巻かれていったんだ」
「今の高崎にはないよね?」
「見えないだけでね。この街には今でも巻かれているかもしれないよ」
「傷がなくなるまで?」
「そうだね。その人にとって、包帯がいらなくなる時まで。
 包帯は傷が癒えた時に取るものだから」
「お父さんも包帯を巻いてた?」
「昔はね、」
「今は?」
「今は、お前が父さんの包帯だ」
「包帯?」
「そう。父さんが大変な時とか、辛い時も、お前の笑顔を見たら
 すぐ治っちゃうよ」
「ほんとに?」
「本当さ」
「じゃあ、アイス買って」
「お前は本当に父さんそっくりだな」
「イヤー」

2007年09月15日

アンビリーバ棒

#オンエア当日の深夜24時過ぎに書き綴ったメモ用紙より.
あぁ、もう皆さん見終わっているんでしょうね。いかがでしたか。
よりによってこの日に会社でお泊まりするとは。
そういう星の下で生まれているんです。
明日は徹夜明けで拝見します。ただでさえ寝不足で赤い目を
真っ赤にしながら見てるんでしょうね。


池上隆子(多部未華子)
「…アメリカ!?」
最終回も良いリアクションです。

隆子
「別にあああわ、慌ててないけど」
いまさらー。

山田太郎(二宮和也)
「さよなら」

完全に笑わせようとしてる顔ですよね。

山田太郎ものがたり』 最終回

隆子
「ワッチャネーム」
行く気マンマンです。

池上まりあ(柴田理恵)
「今度は何を始めたんだろうねぇ」
母親のこの一言で、どんな娘さんなのか
だいたい察しがつく、素晴らしいコメントです。

まりあ
「じゃあ私達も勉強しなきゃ」
池上龍之介(六平直政)
「うん」

池上家、大好きでした。いつまでもお幸せに。


太郎
「ひとりで ハンバーグ食べても、おいしくないんで」

子供の頃の夢は子供だった数年前の夢なんですよね。
子供の時と変わったこと。それは家族が増えたこと。
弟、妹ができたこと。夢が変わったわけではなくて、
もっと大切な夢ができたんです。


隆子
“なんて綺麗な目なの…”
ひさびさのパターンで嬉しいです。
必死ですからね。アメリカンジャンボハンバーグで。

隆子
「それで、アメリカに一緒に行くっ」
よし言えた。

隆子
“アンビリーバボゥー”
いい発音です。
しっかり身についてますよ。


山田次郎(鎗田晟裕)
「アンちゃんがアメリカに行かないの、俺達のせいなんだろ」
せい、とかじゃないんだよ。

太郎
「でもな、アンちゃんは我慢なんかしてないぞ。…」

私の言いたかったことを、全部アンちゃんが
言ってくれました。それは、一番アンちゃんから
聞きたかった言葉でした。その言葉を受けとめ、
山田一家に負けないくらい、私も一緒に泣きました。

2007年09月12日

僕らのゴール

高清水高志(玉山鉄二)
「親父が上過ぎてさ、越えらんねぇよ絶対」

すげぇ親父がいる。
同じ道に立ってみた時、はじめてわかった。
自分が苦労していることを、軽々とやってみせる。
あまりに遠くて、越えられないと思う。
これが尊敬なんだと思うし、
あんな風になりたいと思う。
でも、本人の前では決してクチにはしない。
そういう父と息子です。うちも。

牛に願いを Love&Farm』 Final

真野統平(小出恵介)
「でも、その割には前向きで、いつも明るいし、
 笑った顔とか すげぇカワイイから」
それだけいつも見てたよという
ラブコールなんですけどね。

真野
「行けよ」
その気持ちを全部押しつぶしての「行けよ」です。


高志
「うまいもんな、トウモロコシ」
そっちじゃあねえぇー。


藤井彩華(相武紗季)
「正確にはちょっと違うけど、まぁそんなような話をしたわけで」

大きくでましたね。


芦崎克也(田中圭)
“美帆子ちゃん(香里奈) 他皆々様
 お元気ですか?”
皆々様で一括りです。
“ついでに”要素がよく表れています。


高清水弘志(大杉漣)
「でもそういう時だって、俺には家族がいるじゃないか」
父から語られる家族のこと。

弘志
「お前はあの頃からずっと変わらない」
小さい頃から一番近くで見てくれていたことに、気付かされる。

弘志
「ちょっとは自慢の俺の息子だ」
あの親父から思いがけない言葉。

弘志
「だから、越えられないなんて言うな」
親父の涙。

弘志
「胸をはれ」
親父からの檄。
その奥からは温かくて、でっかい思いを感じる。

弘志
「胸はって、越えてけ」

息子として。息子として。今、涙を流しています。
この親父でよかった。
こんな親父の息子でよかった。
ありがとう。ありがとう、親父。


高志
「やっぱ俺…」

答えであり、
越えたい目標であり、
生まれ育った、ふるさと、
だから。



彩華
「嫁にくるからー」

待ってる。
お前らまとめて、みんな待ってる。