2007年07月29日

ウェルカムハニー 夕暮れビバップ

家を出て、5分くらいで蜂に刺されました。

顔の眉間の所でしょうか。

ちょっとしたパニックになりました。

感覚的には刺されたというか、

噛みつかれたような後味です。



まずはこれかと。ウェルカム蜂かと。

まぁ、今日は特別ですから。





COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1



夏休みだよ公開録画

BSアニメ夜話」カウボーイビバップ at 横浜市開港記念会館



#純粋にオンエアを楽しみたい方は放送予定日(9/27)にお会いしましょう.





















#出演:岡田斗司夫・ミルクマン斉藤・キタキマユ・氷川竜介

#スペシャルゲスト:佐藤大(舞台設定・脚本)

#司会:里匠・加藤夏希





今、開場して席を確保したところで、

あとは開演を待つばかりです。

#と書いてあるメモ帳からお送りしています.



舞台が近いです。放送に映りそうな勢いですが、

両隣の人が質問コーナーで発言しないことを

願いつつ、どこか映りたい気もなくもない、

乙女心のドキドキ感を楽しんでます。



休憩室に司会の加藤夏希さんがいました。

これが公開収録か! と思いましたよ。

「100語でスタート! 英会話」見てました('03.5.20)と

話しかけたかったところをじっと堪えて、今

座席に戻ってこれを書いてます。

スシ王子!』トークしたかったですけどね。

NHKBSの公開収録という、このNHKど真ん中の状況で

テレビ朝日のドラマトークをするのも何かなと思い、

控えました。

「よっ、スシ王子」と呼ばれたら確実にアレを

やる準備は出来てましたが、残念です。

今日は何から何までスペシャルです。



まだ、開演まで時間がありそうなので、目の前の舞台の

レポートをしてみますね。

ステージの最前面にはレンガ模様の長机がどーんと

横たわっています。その奥には何やら黒いグランドピアノが。

もしかして、菅野よう子withシートベルツの飛び入り?

と、よからぬ期待を抱かせます。その奥には巨大スクリーンの

垂れ幕がどーんと。今、スパイクのカットが映し出されています。

スクリーン両脇にも普通の大きさの液晶モニターが左右2台づつ

壁に掛けられています。きっと出演者の方がトーク中にも

見られるモニターなんだと思います。

バックの壁紙にもレンガ模様が広がり、ステージ全体的に

赤レンガ倉庫のイメージです。

客席から向かって右手には小さなスペースがあり、

丸机とそれを囲むように椅子が2脚。後ろには液晶モニター、

これはひょっとして氷川竜介ゾーンか。



さて、ADさん(昔,スパイクに似てると言われた)の前説が

始まったので、メモはこの辺で。





“公開収録スタート”

#収録中にもメモ帳には断片的にメモしました.

#正確性には欠けますが、ワンスレーズごとに

#解説付きで紹介します.





里匠

「そんな若い方、NHK見ないですよ」



BSアニメ夜話の人気を心配する岡田斗司夫さんの質問に対する

NHK里アナウンサーのコメント。NHKの中でも若者が見てくれる

貴重な番組だとか。ちなみに、電車で会場までいらした里アナ、

車内で寝てしまいアニメ夜話視聴者に横浜で起こされたという

心温まるエピソードをご自身で披露されていました。





キタキマユ

「ビバップ命」

細かく言うと、スパイク・スピーゲル命。

#フルネームですらすら出てくる辺り,さすがです.

スパイクを語るキタキさんのこのキラキラ感は

皆さんにもぜひオンエアで見て頂きたいです。

顔を少し赤らめて話すキタキさんに、里アナが勘違い

というエピソードも番組スタッフさん、ぜひ収録を。



出演者がそれぞれお気に入りのシーンを紹介する

アニメ夜話定番のコーナーがあるのですが、

キタキさんのセレクトはもちろんスパイクのシーン。

フリの後にはオンエアと同じようにVTRがステージ上でも

流れるのですが、VTRよりもそれを見ているキタキさんを

眺めている方が抜群に楽しかったです。

出演者と一緒に同じVTRを見られ、時には同じシーンで笑い合える。

公開収録の醍醐味かもしれませんね。



キタキさん曰く、スパイクの手、腕まくりした時の腕に

ぐっとくるそうです。あと、前髪もポイントだとか。

キタキさんは本物でした。

もちろん、私はキタキさんのファンになりました。





加藤夏希

「スパイク越しに山寺さん」

スパイクは声がいいというキタキさんを受けての加藤さんのコメント。

加藤さんは山寺さんと面識があるようで、スパイクを見ていると、

声を演じている山寺宏一さんがどうしても浮かぶそうです。

そこへ岡田さんも被せて「綾波越しの庵野秀明」という絶妙なコメントも。





佐藤

「10年前の自分に大丈夫だよと言いたい」

当時ポケモン事件直後のテレビ東京放送時代のエピソードから。

どこまでオンエアされるのかわかりませんが、とにかく

「放送できてよかったね」と佐藤さんには言いたかったです。





佐藤

「23話の時点で新曲」

音楽の菅野よう子さんの話から。ちなみにビバップは全26話。

菅野さんは「こんなのできちゃった」と必要とされる分量の

4〜5倍は曲を作ってくるそうです。

映像と音楽はフィフティーフィフティーの関係だと言う

渡辺信一郎監督のエピソードも今回出てきました。

テレビ東京放送時から見ていた私は、そこに新しさを感じて

心を揺さぶられたんですよね。

とにかくリズムにはこだわったと。音のためならセリフを変えた

というエピソードも印象的でした。





岡田斗司夫

「番外編だけで出来ている」

これを受けて、佐藤さんも「その通り」とうなずいていました。

納得ですね。

佐藤さんの「全てがまかない」というナイスコメントにも

会場拍手でした。

#収録が進むに連れ,心の中では完全に“大ちゃん”という印象に.

佐藤大セレクトもぜひお楽しみ。





加藤

「アインを見ても山寺さん」

スパイクとアインが同じ人が演じていることにショックを受ける

キタキさんがまたかわいかったです。





今回のビバップトークの全体的なウエイトをしめていたのが、

“第一回”だったということですね。

初めてのテレビシリーズ監督(渡辺信一郎)がいて、

初めてアニメを手掛けた脚本家(信本敬子)がいて、

初めて脚本を書いた佐藤大ちゃんもいた。

渡辺監督の言葉

「この作品に関わったことがプライドになる」

今でも強く印象に残ってます。



1998年4月のテレビ東京放送時代にこの作品と出会い、

リアルタイムで見られたことが私にとっては誇りになっています。

そして、この公開収録で出演者・番組制作スタッフ、

会場のお客さんと一緒に過ごせた約3時間が

とても貴重な時間になりました。

参加させて頂き、ありがとうございました。



これからも「BSアニメ夜話」並びに「BSマンガ夜話」は私の理想であり、

目標です。


posted by ozy- at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

中津CGT

芦屋瑞稀(堀北真希)

「中津(生田斗真)、近い」



今週も大活躍です。中津CGT。

#中津専属コンピュータ・グラフィック・チーム.



佐野泉(小栗旬)

「なんで上に行くんだよ」

ごもっとも。



花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス』 第4話



関目京悟(岡田将生)

“僕はとても緊張してしまって

 頭の中が真っ白になっていた”

あいのり?

こういう武藤さんの悪ノリは嫌いじゃないです。

#脚本:武藤将吾.



岸里樹理(松田まどか)

「何でもありませんわ。お話しましょ」

がんばれ、まどか。

#個人的に「まどかめら。」読者なもので.



関目

“シャアのことはよく分からなかったけど…まぁいいや”

男子生徒

「コスプレ、キター!!」



大勢の人が、ひとつのエピソードで熱くなるこの感じ。

武藤さんの『電車男』を彷彿とさせますね。

ちょっと懐かしかったです。



オスカー・M・姫島(姜暢雄)

「どぉーでした? 私のイリュージョン」

寮長はホント、おいしいですね。



姫島

「カバディ?」

花屋敷ひばり(岩佐真悠子)

「カバディ」

このカップリング、なんかスキ。



原秋葉(紺野まひる)

「この学園、大丈夫か?」



言い返せません。

2007年07月20日

Shall We 牛?

鳥居京子(吹石一恵)

“…違う。だから出てこないでっ”

先生、面白いわ。



池上隆子(多部未華子)

“うちの畑!?”

それ、もう東京じゃないよね。



山田太郎(二宮和也)

「あ、あん時の」

勇者です(第一話)



池上まりあ(柴田理恵)

「こちトラ、年季が違うんだよ!」

しびれるぜ。





オープニングを見ていて思ったんですが、

キラキラ感ですよ。

ソフトバンクモバイルのキャメロンディアス出演CMも今

Xanadu(ザナドゥ)が使用されていますが、E.L.O.が奏でる

あのキラキラ感に惹かれてしまうんですよね。



山田太郎ものがたり』 第三話



永原眞実(吉沢悠)

「…かわいいなぁ」

メガネでピキーンって。

いいなぁ。このメガネ同士の恋の行方も気になります。



隆子

「私も、家族に入れて下さいっ」

ぷ、プロポーズ?



御村託也(櫻井翔)

「もう一回、やらせてください」

やるねー。



池上龍之介(六平直政)

「パパは、庶民でブサイクだからな」

パパ、聞いてないから。

ほら怒られちゃった。



隆子

“確かに、王子様と庶民の私では不釣り合い…”

基本的に隆子の妄想は回ってるんですね。

三話目にして気づきました。



隆子

“あれぇ〜。この二人、いい感じじゃない?”

いけるよー。





まりあ師匠

「そして、この図を立体化したのが コレ」

わ、ニュースステーションみたいだ。



龍之介

「でもな、パパは…、お前が幸せになってくれれば」



あぁ、今 泣く準備してたんですけどね。





隆子

“パーティーって、あのパーティー!?”



なんか、仮面カブっちゃった。回ってるし。



後ろで校長(宇津井健)、ガッツポーズです。