2007年06月13日

大停電のあとに

林二湖/ニコ(大後寿々花)


「お父さんの夢ってなぁに?」


林竹男(塚本晋也)


「俺は、それはあれだよ。世界平和だよ」





今回のテーマはとっても大きいんです。


少しわかりにくいんですけどね。








ニコ


「将来、生まれてくる子供」


須藤威一郎/ロボ(松山ケンイチ)


「え、ちょっ結婚できん、あ、するの?」


笑われちゃいました。





セクシーボイス アンド ロボ』 VOICE 10





もえもん


“誰かが傷つくのは絶対に嫌だ…。


 だから僕は絶対にやめない…”





ロボ


「だって、このもえもんが…健気すぎるぅ」


ロボはホントに純粋ですね。








信田コーン(篠井英介)


「たとえば、夜走ってるバスとか。


 車中がだけがこうホンワリ明るくてさ…」





私もあります。


中学くらいまで住んでいた家なんですが、


夜、布団に被って寝ている時に電車が走ってる音が


遠くから聞こえてくるんです。駅とか線路からは


結構離れていた場所だったのですが、夜静かになると


かすかにカタコト聞こえてくるんです。


何だか嬉しくてね。


線路から家までの間には、通っている小学校とか、


夕方まで遊んでた友達が住む団地とか、


前を通っただけでドキドキする女の子の家とか、


自転車で走ると結構広い範囲に住んでる地元の人達が


今、同じ音を聞いてるのかなとか思うと、


温かい気持ちになってね。


何となく窓を開けて、音の鳴る方向を見ていたりしてました。


街の夜景が好きになったのも、その頃からかもしれません。





信田コーン


「窓が、漫画の枠に見える」


枠の中にはひとつひとつの生活がある。


それぞれの思いがある。


あなただったり、私だったりする。


そうして明かりが集まって夜景になって。


そう思うと、夜景ってやっぱりジーンとくるんです。





停電が明けて、ぱぱっと明かりが灯った時の夜景。


とっても綺麗でしたね。








真境名マキ(浅丘ルリ子)


「私は時々、幸せ」


時々でいいんです。





ニコ


「私はこういうの見つけられる人になりたいって思う」


幸せに気づくことがとても大切で。





ロボ


「はい、5000万MAX」





それぞれだ。






2007年06月09日

Don't STOP the 時効

三日月しずか(麻生久美子)


「だけど、今さら他の趣味っていうのも、


 んーどうでしょう」





プリティですよ。最後まで。





帰ってきた時効警察』 最終回


“振り返らずに別れるか? 最後にもう一度振り返ってわかれるか?


それが問題だと言っても過言では無いのだ!”





熱賀しおり(室井滋)


「あー、ショック」


リアクションがマンガみたいだ。





三日月君


「私は、ちょっと 予定が…」


今夜はちょっと影のあるキャラでいきますよ。








十文字疾風(豊原功補)


「真加出君(小出早織)、プラス10点」


いいなぁ。プラス10点。うらやましい。





又来さん(ふせえり)


「あれじゃー女の子達たちがほっとくわけだ」


新しい言いまわしですね。








九門竜(神保悟志)


「睡眠薬を飲む時間よ、だって」


三日月君、うっすらです。





九門竜


「メタセコイアの話は憶えてるかな」





消えちゃった。








時効管理課一行


「十文字君、早く早く」


オッス、とかやってる場合じゃないですよ。





時効管理課一行


「ええー」


♪エンダー


って久々に聞きましたね。








熊本課長(岩松了)


「まったく、一件落着だねぇ」


よかった。本当に。








霧山修一朗(オダギリジョー)


「事件当時、熱賀しおりのマネージャーだった人」


三日月君


「♪ひゅー、バシ」


新しいリアクションですね。


喜びはビシビシ伝わってきます。





エンドー(松尾スズキ)


「ブッス」


霧山君、嬉しそうぉ。





エンドー


「ブッス」


霧山君


「ブーッス」


楽しそうです。








それでは、最後におさらいしましょう。





熊本課長:霧山君のおじさん


又来さん:三日月君のおばさん


サネイエ(江口のりこ):霧山君のいとこ


真加出:霧山君のいとこ


十文字疾風:三日月君の姉の旦那


#「あー最悪だ」三日月君談.


蜂須賀さん(緋田康人)


:親戚にひとりはいる不良のおじさん


#「わかるわかる」三日月君談.








三日月君


「じゃあアタシは?」


霧山君


「まぁなんて言うか、僕と三日月君が夫婦でさ」





嬉しかったなぁ。





三日月君


「霧山君、アタシのこと、どう思ってる?」








私の好みのこの世界が果てしなく続いていきますように。






2007年06月02日

うお・いち・ぶぁー

“こんなんやられたらワシまいるわ”


ひたすら好きなCMを見つけたら


勝手にお知らせしているコーナーです。





今回はCM番組のなかで紹介された福岡のローカルCMです。





福岡ソフトバンクホークス


コーチなヒトビト。 松中選手篇


#公式HPから60秒バージョンの動画が見られます.








日本テレビの「CMアカデミー2007」という番組で見かけました。


こういったCMを特集した番組、私大好きでして。


明石家さんまさんと楠田枝里子さんが司会をしているフジテレビの


広告大賞」が年に一度の楽しみでしたが、


日本テレビもやってくれましたね。





日記を始めた当初から続いているこの


“こんなんやられたらワシまいるわ”シリーズも


日記と同じく今年5年目を迎えました。


私の個人的な趣味が炸裂するコーナーとして


マニアの間ではひそかに支持されてきましたが、


今回はいままで紹介してきたせつない系の作品とは


カラーがちょっと違うかもしれません。














バッティング練習中の松中選手。





「ちょっと待って待って。マシーン止めてー」





そこへ魚屋さん風のおいちゃんと


会社員風のおっちゃんがやってきます。





魚屋


「一回振ってみ」


松中スイング。





魚屋


「腰がまわってないなぁ」


会社員


「違うんですよ」





魚屋


「足上げて、ためて、ウォ・イチ・バァー」


松中スイング。





魚屋


「ウォで構えてボール見て、イチ・バアーで打つ」


松中


「こんな感じね」


魚屋


「そうそう」





#続いては速球の打ち方.





魚屋


「速球、球 はやいから、カン・パチで打つ」


松中


「カン・パーチ」


会社員


「手首の返しがちょっと速いんですよね」


松中


「こうですか」


魚屋


「ちょっと戻ってみようか、後ろ」





三人


「カン・パーチ」


魚屋・会社員


「ナイスバッティンッ!!」








#変化球も忘れません.





魚屋


「変化球は、何か来るかわからんから、


 カイ・セン・ドーンで打ちます」


三人


「カイ・セン・ドーン」


会社員


「ナイスバッティング」


魚屋


「カイセンドンの“セン”は、選ぶ」


松中


「はい」


魚屋


「イクラとかマグロとか、ウニとか


 いっぱい入っとるから」





会社員


「はいボール来た」


三人


「カイ・セン・ドーン」


魚屋・会社員


「ナイスバッティンッ!!」





#拍手,そして握手.





会社員


「頑張ってください」





魚屋


「よしよし、一杯飲んで帰ろう」


会社員


「帰りましょう。いや、僕会議があるんですよ」


魚屋


「あぁーそうか」


#残念そう.





“WE=HAWKS”


#三人で記念写真.





魚屋


「今年は優勝してください」


松中


「頑張ります」


会社員


「今年は世界一で」





“SoftBank HAWKS”











もうね、このおもしろさはソフトバンクホークス公式HPから


動画でぜひ見て頂きたいと思います。


愛であふれてますから。





で、実はオチがありましてね。


公式HPの“コーチなヒトビト。”シリーズの最後に


ホームラン編(30秒)があるんです。





松中選手が試合でホームラン打つんですよ。


そのスタンドに魚屋さんと会社員のおっちゃんがいてね。


二人、飛び跳ねて喜んでるっていう。


たまらないですね。



posted by ozy- at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする