2007年05月03日

アーマーゾーン

初めての映画試写会に行ってきました。


日比谷公園横にあるイイノホール。作品はズバリ


『パッチギ!』じゃ。





というわけで、前回のパッチギ! 事件('05.2.14)を教訓にして、


今回はきっちり開演前に買ってきたパンを


完食してやりましたよ。えぇえぇ。


さぁ、いつでも来いや。


#パッチギ! と聞くと無駄に威勢がよくなります.





パッチギ! LOVE&PEACE





観終わってイイノホールを出た後、


日比谷公園をフラフラと歩きました。


園内のところどころを照らす街灯の中、


「あの素晴らしい愛をもう一度」を口ずさんでいました。


ほんのり泣きながら。トボトボと。


残るんですよね。観終わった後にじんわりくる作品です。





本編はずっと堪えていたんです。


泣いたって何の解決にもなりませんから。


頭の中で誰かが言うわけですよ。


“泣いたらアカン、泣いたら”


上田正樹が熱唱ですよ。


#「悲しい色やね」より抜粋.





ラスト、エンディングロールが流れる手前で、


またしても声が聞こえてきました。


“もう泣いてもええんやで”


「あの素晴らしい愛をもう一度」にのせて、


涙がとうとうと流れてきました。








試写会が持っている最大の魅力は


エンドロールが流れ終えた後、


思う存分拍手できることですね。


心からの拍手。気持ちよかったです。