2007年03月12日

掌 -てのひら-

病室はなかなか馴れんもんね。








中川栄子(倍賞美津子)


「あんた、プリン好きやろ」





中川兆治(泉谷しげる)


「チビ」





いつだって、子供は子供。ずっと我が子。





東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 第10章 「最期の選択」





父親がたおれたことがある。


一年ちょっと前になる('05.7.27)


絶対なおるって、必ず家に帰ってくるって思ってた。


不安はあったけど、怖さも少しあったけど、


どういうわけか圧倒的に信じてた。


父が入院している間も普段通り、


ここで日記を書いていた。





一ヶ月後、父は帰ってきた。


私は涙もろくなっていた。しょっちゅう泣いてた。


我慢してたんだろうね。


家族はあきらめたらアカン。


あきらめんで、信じて。


最後まで。最後まで。