2007年03月19日

灯 -ともしび-

こんなにも“家族”をテーマに扱ったドラマが同時多発的に


放送されたことは今までなかったと思う。それとも、今の私の視点が


どんな作品を見ても家族のドラマに映っているだけなのか。





私は親子モノに弱い。4年前から言い続けてきた。


シンプルで、わかりやすい関係。それが親子。


まっすぐで、いつまでも変わらず、優しく、見守る愛情。





東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 最終章





私は夜景に弱い。


夜の東京タワーの空撮が映し出された。


たまらなく美しく、涙が出そうになる。


まわる東京タワー。そのまわりを取り囲む


幾千の街の明かり。


そのひとつひとつは、人が灯した光。


残業に勤しむオフィスからの光。


誕生日を祝うレストランの光。


24時間営業のチェーン店の裏で、星を見上げて吸っている煙草の光。


病院からこぼれてくる光。





生活の営みの中で灯る東京の明かり。


少し高いところから見下ろせば、こんなにも美しい夜景になる。


その真ん中で力強く灯り続ける。


少し離れた場所からも見ることのできる東京タワー。





その日一日の出来事を思いながら暗い坂道を上り、


振り返った時に少しだけ見えた東京タワーはとても綺麗だった。


今この時間に、同じ明かりを見ている人は何人いるんだろうとか。


こんなにも悲しい思いをしながら見つめている人が


他にもいるのだろうかとか。中には大切な誰かと寄り添いながら


うっとりと見つめる恋人達もいるんだろうなとか。


明日のことを考えるとワクワクしてなかなか眠れない子供が


ほおづえを付きながら、ぼおっと眺めているかもしれないとか。


いろんな思いを乗せながら、東京タワーは立っている。


赤く温かな光に包まれて、今この瞬間も東京の真ん中にいる。


ただ静かに、優しく、見守ってくれている。






2007年03月18日

華麗なる一日

00:00 「SmaSTATION!!」を見る.


スマステは常にワクワクを提供してくれる。


土曜勤務の疲れか、0時頃寝ていた。





12:00 散髪に行く.


身だしなみは大切だ。


「普通より短めくらいでお願いします」


女性店員は優しく微笑む。だが、いまだに“普通より短め”が


どのくらいの長さなのか私自身よくわかっていない。


ほとんどおまかせ状態と言ってよい。それでいい。


肩たたきが心地良い。





18:00 カレーを食す.


その時は刻一刻と近づいていた。





19:00 島本和彦「燃えよペン」を読む.


男の魂、充電。





20:30 あえて風呂.


身も心も清めろ。





21:03 出遅れた.





華麗なる一族』 最終章 後編





21:14


万俵鉄平(木村拓哉)


「つらかったろ。悪かった」


良き指揮官であり、良き兄だった。





21:22


鉄平


「僕は普通の家族でいたかった。ただそれだけです」


普通とは何なのか。人それぞれの普通があり、


ひとりひとり違う普通。受け入れるには力がいる。


力強い思いの力が。





万俵大介(北大路欣也)


「私だって苦しかった。この苦しみは、どんなことがあっても


 一生消えることがない」


悲しみもそれぞれ。異常と言ってしまえばそれまでだが、


その苦しみを背負って生きていかなくてはならない。


生きている限り。





21:33 クリスマスイブ.


鉄平


「太郎、お前は強い男になるんだぞ」


立ち止まってはいられない。


未来は確実に続いてゆく。


お前は望まれて生きてきたのだ。


そう言いたかった。





21:50 丹波篠山.


今夜はまだあの歌が流れていない。


私は信じている。


鉄平の元気な姿を背にあの歌が流れてくることを。





21:55


願い、届かず。





21:59


悲しき運命。





22:02


“高炉建設と海外進出を果たせば、


 今度こそ父に認めてもらえるかもしれないという


 淡い期待は、いつも胸にしのばせていた”





子供は親に認めてもらいたい生物なのだ。


自分にとって親が偉大であればあるほど。


とても表にはあらわさないが、心のどこかでは思っている。


その思いを子供が自ら認めた時、


本当の親子が始まるのかもしれない。









2007年03月16日

“ありがとう”

道明寺司(松本潤)


「医者が調合した薬じゃねぇと」





同じこと言ってますね。








「いつかもこんなことがあった気がする」





そう。だから、タイトルにリターンズがあるんです。


かえってくるってね。








「牧野…」





そして、おかえりだ。











「川の中、拾いにいったのかよ」





ちゃんとわかってくれる。


つくし(井上真央)のことを。


司にとっても川に投げ込んだことが


ずっと気がかりだったんでしょうね。





個人的に、私が初めて宇多田ヒカル「Flavor Of Life」を


聞いたのがこの川のシーンだったので思い出深いです。


そして、今日。


同じネックレスに泣かされていました。





花より男子 リターンズ』 最終回





牧野千恵子(石野真子)


「いくのよ。早く、アンタだけでも


 プロムの会場に早く行くのよ」





徳さん、今すぐ武道館のみんなでZARD「負けないで」を。








牧野つくし


「ありえないっつうの」


会場のウェーブがとまりません。


日テレなら確実にサライです。








牧野晴男(小林すすむ)


「よろこんで」





んなあほな。