2007年03月23日

ずっとずっとずっと

番組の中で、いつくかのエピソードが語られていました。


印象的だったのが、武道館を目指そうとした時のエピソード。


彼女は椎名林檎さんの武道館ライブを目にして、


3年後に自分もここで歌いたいと誓いました。


まだレコード契約もない時期に。





3年後の2006年12月、彼女はその夢を実現させました。


日本武道館。しかも史上初、たったひとり弾き語りライブ。





サクラ色 (初回限定盤)(DVD付)





「武道館に桜が咲いた日


〜アンジェラ・アキ ライブ&ドキュメント」





ひとつの番組が生まれました。


ナレーションを担当したのは椎名林檎さん。


アンジェラ・アキさんはこの番組をどのような気持ちで


見ていたのでしょうか。


少なくとも、私にとって忘れることのない番組になりました。








彼女が武道館で着ていた黒いTシャツの両肩に刻まれていた


“29”の文字通り、私も29歳。今年、30になります。





私達は就職氷河期ど真ん中をさまよい、


社会から何度も弾かれた世代です。


私達は学びました。


自分を信じて突き進むこと。


そして、今まで過ごした時間を大切にすること。





前だけを見てがむしゃらに突き進むのではなく、


これまで歩んできた道もしっかりと見つめ、


今を刻み、これからの糧として築き上げていく。





今までの積み重ねが自分自身であり、未来になる。


サクラ色の時代を私達は決して忘れません。








2006年12月31日 NHKホール。


彼女は紅白歌合戦で自分の原点でもある


ふるさとをつづった「HOME」を歌いました。





ナレーション・椎名林檎


“お父さんは今までで一番いい「HOME」だったとほめてくれました。


 ハワイにいるお母さんにも、お父さんは受話器をテレビにあてて、


 アンジェラの歌を聴かせていました”





歌い終わった直後、父に電話をするアンジェラ


「ほんまに? お母さんもほな、リアルタイムで聴いてくれたんじゃ」





アンジェラに負けないくらい、


私もメガネいっぱいの涙を流していました。


真っ赤なTシャツの両肩に刻まれた“29”の文字が


眩しいくらいに光輝いていました。
posted by ozy- at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

林檎追分

00:00 アンジェラ・アキ「武道館に桜が咲いた日」で泣いている.


録画ビデオでアンジェラ・アキ武道館ライブ&ドキュメント番組を


見ていました。両肩に“29”が入ったTシャツを私も作りたいと思います。





18:30 牛丼を食す.


その時は刻一刻と近づいていました。





20:00「拝啓、父上様今夜最終回! 直前スペシャル」を見る.


こういった宣伝番組はいつも本編後に見ているのですが、


今回は待ちきれませんでした。その中で、最終回の見所に


ついて我らが田原一平役の二宮和也さんはこう話していましたよ。





「一話から見て下さっている人達は、自分なりの見方があると


 思いますので。それが楽しめるのも今夜でね、終わりですので。


 ぜひその楽しみ方で、見て頂けたらなというのがひとつですかね」





oui(ウィ)





21:00 島本和彦「新吼えろペン」を読む.


男の魂、充電だ。





21:30 あえて風呂.


身も心も清めろ。





22:02 出遅れた(3.18)





拝啓、父上様』 最終話





坂下エリ(福田沙紀)


「いいのよもう、そんなこと。過去の話、やめよっ」


もう大人ですよ。





エリ


「ずっと昔のことみたいな気がする」





おかみさん(八千草薫)のことが大きかったんですね。


大人にさせたんだ。おかみさんが成長させてくれたのかも


しれませんね。








田原雪乃(高島礼子)からの電話


「カナルカフェまで、ちょっと来れる?」





そこで彼女は手を振っており。





唐沢ナオミ(黒木メイサ)


「Bonsoir(ボンソワ)」


アター。





彼女はおもむろにノートを広げ。





ナオミ


(日曜日もフランス語の日にした)


アター。





田原一平(二宮和也)


(困る! って思った)


そうだろうね。





ナオミ


(私も思った!)





きたよ。








ナオミ


(逢いたかったわ)





“会いたかった”じゃないですよ。


♪しのび逢う恋を〜


の“逢いたかった”ですから。





一平


(オレも!)





Oh oui!








一平


“それからのことは教えてやらない”


アター。





一平


“二人のことは人に言いたくない”





「隊長、妄想トークはもうないんでしょうか」


「我々の任務もここまでか」





一平


“あ、最近 俺はナオミのこと、


 やっと呼び捨てでよべるようになったんだ”





「隊長!」


「これからは我々の妄想モード学園だ」



2007年03月20日

恋する乙女の傾向と対策

2週目に入り、中学生編になった途端、
青春ドラマ度が抜群に跳ね上がってますね。
毎日続くこのビックウェーブに
胸キュン刑事は果たして耐えられるのでしょうか。

愛の劇場『砂時計』 第7話

それでは、恋する乙女の傾向を見ていきましょう。



植草杏(小林涼子)
「ふぅ」
1.朝からため息.

植草美佐代(大森暁美)
「杏?」
2.麦茶と間違えて醤油を飲もうとする.


北村大悟(佐野和真)
「お前、最近変だぞ」
3.今まで仲良くしてきた幼なじみにある日突然冷たくあたる.


「大悟が、大悟が鈍感なだけだよ」
4.彼がニブい.


歩(悠城早矢)
「アンタ、大悟と付き合っちょる?」
5.彼のことが好きだというクラスメイトが現れる.


「大悟のバーカ!!」
6.彼にあげようとしていたミサンガをゴミ箱に叩きつける.

月島藤(青柳塁斗)
「大悟と何かあった?」

「…藤クンには何でもわかっちゃうんだね」
7.影で見守るもうひとりの幼なじみがいる.

スズ
「杏、ひどいよ。…私が藤クンのこと好きだって知っとるくせに」
8.ややこしい友人がいる.



「あの、これ(ミサンガ)、受けとって」
9.校舎裏で彼が告白されているところを目撃する.

大悟
「昔、約束したけん。ずっと一緒におっちゃるって」
10.幼い頃の約束を憶えてくれている.



以上のことを踏まえて、今後の対策を検討しました。

“そっと見守る”

みなさん、
がんばりましょう。