2007年02月09日

いのちがけの恋

道明寺椿(松嶋菜々子)


「つくしチャン(井上真央)、うちに住むことになったから」


道明寺司(松本潤)


「あそう。…えええぇー」





パーフェクト。


#NESCAFEエクセラのメグ・ライアンで.








「スゲえよ姉ちゃん、さすがだよ」





広辞苑の“はしゃぐ”という項目に


今の道明寺の画像を貼り付けて頂きたい。











「なんつったって、命がけの恋だからよ」


このフレーズ、本人も気に入ってるみたいです。





花より男子 リターンズ』 第6話





牧野つくし


「今は理由がほしいの。


 ここで、道明寺と一緒に住む理由が…」





何かをしてもらうだけの一方通行じゃなくて、


自分から行きたいんですよね。






拝啓、miz様

テレビブログ編集部の方に


昨晩の『拝啓、父上様』日記(2.9)を紹介して頂きました。


2007/02/09


パリス神楽坂


「拝啓、父上様」第五話の感想エントリ。


セリフに乗っけた短めの感想やツッコミがおもしろい!


締めの一言も笑えます。実は今回見逃したのだけど、


楽しく読めました。


From 僕らのドラマ





投稿者 miz : 2007年02月09日 11:15



基本的にドラマを見た人だけにひっそりとお届けしている


日記なのですが、mizさんのように見逃してしまった方も


見ているんですね。楽しんで頂けたようで、嬉しいです。





こういう短めのコメントがちょこちょこ入っているような日記は


たいてい思いついたことをそのまま書いてるだけなので、頭は


何も使ってない状態なんですよね。書き終わった時は


とてもリフレッシュしてます。申し訳ありません。





いつものオロナミンCがありませんでしたが、


ヤクルトで乾杯しました。


mizさんはじめテレビブログ編集部の皆様、


ありがとうございました。



posted by ozy- at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Paris神楽坂

小宮竜次(梅宮辰夫)


「失礼します」


コタツにみかんでチンパン・ニュース・チャンネル


見ていらっしゃいました。





シャク半(松重豊)


「…わかるな」


…何となく。





拝啓、父上様』 第五話





ピアノの旋律、キター。





唐沢ナオミ(黒木メイサ)


「まだ来る? ついて来る?」


いけー、恋の逃避行。愛の流刑地。





田原一平(二宮和也)


「あなたドコの人?」


よく聞いた。





ナオミ


(フランス語会話練習中)


字幕キター。軽快なBGMもあいまって、


恋愛シミュレーションゲームのデートシーン


みたいになってます。





さて、主人公の選んだ選択肢は。


一平


「実言うと俺最近、フランス料理に興味があってな」





ありますね。言ってる自分がビックリすることって。





ナオミ


(私は和食の方が好き)


好感度ダウン。





一平


「その、日本料理にフレンチの手法を取り入れられたらなって」


苦しい展開です。





一平


「まぁ一度はパリに」


ゲームオーバー目前?





一平


「あ、この作家のこと、前から俺、アレなんだけどさ」


そうそう、アレなんだよ。








ナオミ


(今度お店に遊びに来て!)


絶好調のBGMです。





一平


“フランス料理の勉強をするためにパリに行く道もあったわけで”


本気? なの、一平ちゃん。





一平


“パリの街を二人で手をつないで歩き、…”





「隊長! 突入しました」


「今週の妄想はデカそうだぞ」





一平


“別々に住むのはもったいないから、一緒に住まない?


 なんて彼女は言うわけで、…”





「隊長、もう手に負えません」


「まだまだー。砲撃用意」





一平


“バス。…パリって、ロンドンか”





「隊長、私なんだか可哀想になってきました」


「ぜんたーい、撤収」





ナオミ


(メルシー・ボクゥ…)





「た、隊長! 喫茶店でパリのガイドブックを開いての奇襲攻撃であります」


「ひるむな、いけー」


「たた、隊長! 凱旋門の写真の前で、ヤツがチューをせがんできてます」


「くっ…、ここまでか」





一平


“…!”





「隊長ー」


「坂下エリ(福田沙紀)様に栄光あれ!」








竜次


「辞めてどうする」





拝啓、父上様。パリに行きたいとは口が裂けても言えません。