2006年10月01日

キープ・オン

#映画を観終わった直後に書いたメモ帳を包み隠さずお送りします.





ずっと我慢してたわけですけど、もうね、


みわりん(西原亜希)と杏奈(加藤ローサ)が貴子(多部未華子)の家に


遊びに来たシーンで、笑っちゃったんですよね。


まわりのお客さんからも笑い声がして。


笑うとさ、顔の筋肉がゆるむでしょ。


心の筋肉がゆるむでしょ。


その直後、一回ダメになった。ポロった。やっぱ。





「夜のピクニック」INSPIRED BEST ALBUM





夜のピクニック





この作品、好きだからさ。大好きだからさ。


#原作日記「歩行祭のように果てしなく」('05.4.26)


この映画、オレの好きな「夜のピクニック」そのまんまなんだよ。


今、全国でこの映画が公開されてるわけでしょ。


日本のあちこちで観てる人がいるんでしょ。


もうさ、嬉しくてさ。


自分の好きな作品がぱーっと広がってるんだなぁって、


嬉しくてさ。で、またガマンした。


もうさ、ここは青春野郎としてはさ。





あの少年(池松壮亮)が車から出てくるわけよ。


ぶっとばしたかったよね。車に帰ってく時。


で、いったんサーっとひいたわけ。


ひいて、ひいてたんだけどさ。





美和子


「あきらめちゃ、だめだよ」





グアー来た。グアーって来たけどさ、


まだ夜だから。まだ朝来てないから。


ちょっと蛇口がゆるんだけどさ。


朝があるから。








高見(柄本佑)がさぁ。


このやろう。このやろうってしたくなることすんのよ。


みかりん「かっこいいー」って、ホント、


アンタかっこいいよ。


もうそれからのオレはグラグラだったね。グテグテ。


笑ってんの。笑い合ってんのよ。


その姿を見て、前にいる二人もほほえんでるのよ。


もうさ、もうさ。





「これって青春じゃない?」


言っちゃったー。言っちゃったよ。


青春野郎にそんな言葉、掛けるなよ。


もうさ、うれしくてさ。


また少年が出てくるんだ。


抱きしめたかった。





始まりがあれば、終わりがあるように、


ゴールするんだ。ゴォールって。


その時、画面がが上向くの。


書いてあんの。“スタート”って。


ゴールの裏側はスタートなのよ。


続くのよ。続くの。これからも。








いい汗流した。


そうさ。目から流れてくるのは青春の汗っていうのさ。


もうね、大好きだ。








追伸。


「誰でも映画を観ている間は18歳に戻れます」


夜のピクニック原作者・恩田陸



観終わった後もしばらく続きます。


夜のピクニック愛読者・ozy