2006年08月16日

幸せプル〜ン

“こんなんやられたらワシまいるわ”





ひたすら好きなCMを見つけたら勝手にお知らせしている


懐かしのコーナーです。なんせ8ヶ月振りですから。


#前回/WILLCOM「通話無料 枕元篇」('04.12.4)





今回はCMの中のCM、といえばこちらですね。





日本民間放送連盟「CMのCM 会話のない家篇


#公式HP「(2)キャンペーンCM」第二弾から30秒篇の動画が見られます.





久しぶりに何度も繰り返し見たくなるCMです。


見るたびに笑ってしまうんですよね。それはきっと、


少し深い場所から来る、温かい笑いだからでしょうね。











テーブルを囲む父(塩見三省)と娘(星野真里)。


テレビからは朝の天気予報が流れていた。





父はぼんやりとテレビを眺め、


娘はじっと携帯電話を見つめている。





父はゆっくりと、テレビから娘に視線を合わせる。


「どうだ、会社は」


表情ひとつ変えずに、娘は答える。


「別に」


窓辺からそよ風が流れる。


父は少しうつむきながら、視線をテレビへと戻していく。





CM


「おいしかったプル〜ン」





吹き出す父。つられて娘も笑いだす。


思わず顔を見合わす親子。


父が笑う。娘から笑みがこぼれる。





「ヒドイよな」


先程とは違う、素直な父の言葉。


「キライじゃないけど」


悔しがるように娘は携帯に戻ろうとする。





CM


「プル〜ンプル〜ンプル〜ンプル〜ン」





もう笑うしかない二人がそこにいた。








“CMって何?”











突然流れてくるCM。


それは見ているこちらからしても突然やってくるものなんですよね。


お笑い番組で思いっきり笑った後だったり、ドラマでさんざん泣いた


後でも、CMは流れてくる。


それなら、CMを見て 笑ったって泣いたっていいんじゃないかと。


受けとめるアンテナひとつで、人は寂しくもなれば豊かにもなれる。


そういうことかなと。





親と食事していて、飲んだコップをテーブルに置くタイミングが同じだったり、


ご飯を口に入れるリズムが揃っていることに気付いたりする時って、


こそばゆいというか、妙に親子の絆を感じてしまう瞬間だったりしますよね。








ちなみに“会いたかった冷蔵庫”篇も


何だか好きです。






ひとりカーニバル

村上英治(塚本高史)


「偏屈なわりに小心者だから、自分より押しが


強い人がいると負けちゃうんだよ」


さすが英治君、分析力が違います。





田村みちる(国仲涼子)


「あ、ひとりビアガーデン…」


桑野さん(阿部寛)囲まれてますね。


サンバに四方八方踊られてます。


それでも食事をやめない桑野さんの


座った根性に脱帽です。





早坂夏美(夏川結衣)


「そこに一人でいられると、


 気になって飲めないんですけど」





ごもっとも。





結婚できない男』 第7話「親戚づきあいが嫌いで悪いか!!」





桑野信介


「エドワードホテルだ。


 …エイドリアンホテル。違う、これロッキーだ。


 ビクトリア…。確か王朝系の名前だったな。


 ルノワール。これ喫茶店だ」





“HOTEL NORMAN”





カスってないぜ。








早坂康雄(竜雷太)


「変なもん食わせやがって」


お父さん、最高っす。


ぜひまた出て頂きたいですね。





夏美


「余計なお世話です」


出ました。笑いながら、余計なお世話です。


竹中直人さんの笑いながら怒る人以来の


芸達者ぶりです。



2006年08月14日

半分LOVE

総理


「なんか歌ってよ」


歌っちゃうの? こんな夕焼けの中で。





総理


「ドリカムの…」


ドキドキ。





総理


「ドリカムのね、なんでもいいや」


何でもいいんかい。





ちゃき


「じゃあ『未来予想図II』でいこうか」





DREAMAGE  DREAMS COME TRUE LOVE BALLAD COLLECTION





あいのり」#326 “after the war”





♪相変わらずそばにある同じ笑顔





あぁ、そんな近くで歌っちゃダメだって。


ほんと総理、明日死んじゃうよ。





総理


「こんな近くで見れて幸せだよ」





うんうん。


いいね、総理。応援する。


ただ、それ半分告白だから。