2006年07月13日

恋はいつでも初舞台

里中富美男(北村総一郎)


♪男と女ー あやつりつられー


ものすごーくいい声。


もうね、パバロッティ。





HDDレコーダで録画しながらリアルタイムで見ていましたが、


「ここぞっ」という所でキャプチャーっていう本のしおりの


ようなものをリモコンでぷしぷし打っていくんですね。


放送終了後のキャプチャーを数えてみました。81箇所。


ひさびさのK点越えです。





こういう作品に出会った時の反応はやたら早いです。


このページ。





しもっしもっしもっしもっ


下北サンデーズ』 第一回公演(旗揚げ公演)「小劇場と書いて『ビンボー』と読む!?」


#「バラエティ番組ではありません。」by公式HP





ラーメン眠眠亭店長(三宅弘城)


「おーい、これ貼っといて。…タモさんみてぇだろ」


タモさんだよ。あんた、下北のタモさんだ。








里中ゆいか(上戸彩)


“はじめての劇場。初めての舞台”


私も初めて観た舞台はスズナリでしたよ。下北沢の。


#その辺はこちらの日記をどうぞ「ダッシュと私」('05.12.11)





ゆいか


“こんな近くでいいのかな”


思った思った。





ゆいか


“めくるめく劇世界に、私の心はずっと高鳴りっぱなしで、


 悲しくもないのに涙があふれてきて”


そう、泣いた。泣いたよ。





ゆいか


“そして私は気づいてしまったのだ。舞台をやっている間中、


 私の心はゆっくりと、だけど確実に音を立てて動いているのを”


こうして私も、今ではこんな日記を書くようになってます。








ゆいか


「ケラ…。何ジンですか? ロシア人?」


あるある。ありがちですね。





ゆいか


「魔性の女。尼寺へ行け! ぴろぴろぴろ」


やるんだわ。やっぱ、


家帰ってやってみるんだわ。



2006年07月12日

秒速5センチメートル

朝野(高橋一生)


「それなんですけど、つきましては先生に仲人を」


みどり(斉藤由貴)


「なんっ、だとおぉ」





思わず吾輩の真似をしていました。


みどりちゃん、ますます動きにキレが出てきました。








まゆみ(東亜優)


「どうしよう吾輩。朝野さんがし、し、下に来てる」


みどり


「うえぇ、朝野があ」





そのリアクション、歌舞伎だね。





吾輩は主婦である』 第37話「てがみ」





小松(岡田義徳)


「僕のは、人間性に対する駄目出しで


 これシラフで読んだら寝込んじゃいますね」





小松、どんまい。






ご紹介をご紹介!!

テレビブログ編集部の方に、


ひとつ下の記事(7.10)を紹介して頂きました。





2006/07/11


僕なんかの『サプリ』


サプリの小ネタ。ドラマ自体のスポンサー、出演者のイメージ。


ドラマ作りもいろんなところで苦労があるんだなぁ、


としみじみしました。オトナの世界って大変ですね。


From Liner noise





投稿者 miz : 2006年07月11日 10:51



コメントを拝見しまして、こちらもしみじみさせて頂きました。


このような日記をそこまで掘り下げてしみじみしてしまう


mizさんの感性に私は感動しています。





今夜も恒例のオロナミンCで乾杯をしたいところでしたが、


そう毎日オロナミンCがあるわけでもなく、今夜は特別に


ヤクルト2本で乾杯しました。


mizさんをはじめテレビブログ編集部の皆様、


ありがとうございました。






posted by ozy- at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする