2006年05月14日

桜の花びら散るたびに

朝起きて、桜ちゃんを見て、仕事に行く。


これがどういうことかわかりますか。


桜子(宮崎あおい)が喜んでいる時は、その日一日私もハッピー。


桜子が沈んでいれば、私の一日も朝からドンヨリです。


そういう関係です。


この一週間、どんな気持ちで過ごしていたか、お察し下さい。





純情きらり』第6週 「サクラサク?」





母・マサ(竹下景子)


“自分の弾くピアノの音に、桜子の心はなぐさめられ


 癒されていきました”





私はナレーションが好きなんだなぁと、


羽生の宿につくづく弱いんだぁと、


思いながらポロポロポロポロ落としてました。


朝からヨロヨロなのです。








西園寺公麿(長谷川初範)


「松尾(村杉蝉之介)、僕のスケジュール表を見てくれないか」


あれこれ悩んで、駄目かもとか考えながらも、


思いきってお願いしてみたら、すんなり受け入れてもらえる


もんなんですよね。意外とね。


こっちが勝手に重くしているだけだったり。


そういうことだったですよ。自分の時も。





有森磯(室井滋)


「叔母さんにもね、憶えがある。岡崎なんかでくすぶってられんで、


 東京出てって、色々やった。 やったから後悔しんの」





磯叔母さんのスカーッと青空みたいな広い心。


こんな所に秘密があったんですね。








×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。