2006年03月11日

グッバイメガネ

三日月しずか(麻生久美子)


「やってしまった。…私 ほとんど病気ですよ」


そんな私も君にお熱さ。





三日月君


「へっへへ、だってお腹すいたんだもーん」


君はほとほとプリティーベイベー。





霧山修一朗(オダギリジョー)


「三日月君って、よく見ると綺麗だよね」


メガネ曇っとるー。


クリンビューを。今すぐ彼にクリンビュー。





時効刑事』 最終回


“さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言っても過言ではないのだ!”





十文字疾風(豊原功補)


「だから人っていう字は支え合ってるんだよ。そういうことだ」


SOULは、しかと受けとめました。





熊本課長(岩松了)


「霧山君、三日月君、わかってるね。私がここで…」


誰にも言いません。二課としては。


#「時効管理二課」最後までよろしくお願いします.





バスの中でした。





霧山君


「あのさぁ。今までいろいろありがとね。


 僕の趣味に付き合ってくれて」





君が泣くから。先に泣くから。


僕の分まで君が泣くから。








又来さん(ふせえり)


「さて霧山君、この婚姻届に名前書こうか」





ピ、ピカーン。 まぶちぃ。