2006年02月24日

モミアゲソウル

朝、憂鬱な気持ちで歩く職場までの道のり、


仕事でダメージを受けた日の帰り道、


どんなに沈んでいても、


気持ちが少しだけパッと軽くなる歌があります。





尾崎紀世彦「また逢う日まで」


ゴールデン☆ベスト





まずはイントロです。


♪デッデッデデーデデン


♪デッデッデデーデデン





こんな始まり方ってありますか。普通。


気分はいやでもPOP調に染まっていくでしょう。





♪また逢う、日まで


歌い出しは抑え気味なんです。


この辺が憂鬱な気分とマッチするわけですよ。


やさしくやさしく。


「♪、日まで」でちょっとタメも入ります。





♪話しーたーくなーい


ここで一気にテンション上がりますが、


次の


♪なぜかさびしいだけ


で急にまたしぼむんです。


アップダウン激しいですよ。


これで聞いてる方はもうグラングランです。





そしてサビです。


♪ふったりで〜 ドアをしーめーてー


キヨが歌い上げる歌い上げる。


別れの歌をこんなにソウルフルに歌い上げる歌手は


キヨをおいて、日本ではなかなかいませんね。


この辺りになってくると当然、一緒に歌ってます。


心の中でね。


そうするとですね、感覚的にモミアゲがはえている


ような気分になります。二番のサビくらいになると


ヒゲもはえてます。最後まで歌い上げたころには、


あなたも私も立派な尾崎紀世彦です。


そして、またイントロから聞いている。


そんな朝です。ぜひ。



posted by ozy- at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ああだこうだ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「信じてる」

小早川伸木(唐沢寿明)


「もう一度、結婚記念日をやり直さないか?」





あぁ、なんて、なんて幸せな時間なのでしょう。


久しぶりにリアルタイムで見られたのもありますが、


この幸せな時間がずっと続いてほしい。





小早川伸木の恋』第7話





妙子(片瀬那奈)


「違うよ。ただ伸木と一分一秒でも一緒にいたいだけ」


今、愛する心が言葉になって出てきました。


思わず飲んでいたオロナミンCで、今夜は乾杯。





記念日リスト


“1998.3.9 家で映画を観た”


あぁ、伸木と妙子さんの間にみーちゃん(北村一葉)が


ちょこんと座ってる。笑いあってる。


よかったね、よかったね、みーちゃん。








神妙な顔つきの妙子


「伸木、カナさんのことが好きだったんでしょ」


終了ー。さて、バックアップチーム集合。





妙子


「だったら、みーちゃんに誓って言える?」


みーちゃんは笑ってました。


心が痛くなるほど、笑顔でした。








友人のルミ子


「もしかして匠子(原田夏希)の初恋の人?」


キター。


そっかぁ、匠子ちゃんも恋してたんですね。


よかったよぉ。竹林先生(谷原章介)、嬉しそうだ。


うんうん。ルミ子、ナイスアシスト。





どわー。


潤君のテーマ曲!


#bond/ヴィヴァ!Viva(Orion Mix)


潤君(山口翔悟)


「そうやって偽りの夫婦を演じていて満足ですか!?」


投げかけるね。彼は。








妙子


「レストランでなに食べよっかぁ」


みーちゃん


「ビーフシチュー!」


妙子


「ビーフシチューおいしそうだねー。あるかなぁ。他は?」


みーちゃん


「うーん、ニンジン!」





Hey シェフ。


彼女にニンジンと愛情たっぷりのビーフシチューを。