2006年02月12日

グッズ・ザ・時効

十文字疾風(豊原功補)


「俺の大切な人の命日なんすよ。…なんでわかったんすか」


オープニングからグイグイ飛ばすぜ。





霧山修一朗(オダギリジョー)


「熊本課長(岩松了)がいかに影響を受けたかという話は省略して」


えぇー。そこ重要なのにー。二課としては。


#「時効管理二課」よろしくお願いします.


それはそうと熊本課長の“時効”スタンプ、


そろそろうちでも揃えなくちゃですね。


あと“誰にも言いません”よカード。


この辺は二課としても押さえておきたいです。


ちなみに、霧山君が趣味で作って時効管理課に飾られた千羽鶴と


十文字さん(豊原功補)のトレンチコートは揃い済です。


二課として。





時効警察


第五話 “キッスで殺せ! 死の接吻は甘かったかも?”





三日月しずか(麻生久美子)


「あれ。霧山さん、風邪ですか? …そっかぁ」


なぜでしょう。うんうんと満面な笑顔です。


胸キュン刑事スタンバイの予感です。





三日月君


「あ、逆に。男の人は嘘つく時、キョロキョロすんのよ」


一度目の面会が終わった後の三日月君の推理、注目ですよ。


事件とは関係ない所でズバッと真理を言い当てますから。





当然キョロキョロしながら言う霧山君


「三日月君の推理は相変わらずもう凄まじいなぁ」


「嘘つくなコラッ」


あぁ、なんてカワイイお二人なのでしょう。





霧山君


「あの、チョットお話を」


本郷雪絵(奥菜恵)


「どうぞ」


あー、霧山君の次に家に入ろうとした寸前にドアを閉められて、


ぶつかる三日月君。そんなキャラ、大好きさ。





雪絵さんが話している間、おにぎりを食べ始める三日月君、


ってそれは怒られますよ。


雪絵


「あのー、お腹が空いてるなら帰ってもらえませんか」


ごもっとも。





三日月君


「カン太の役割はないのかよ。なぁ。…ワンワン」


メインのトン吉、アシストのチン平、そこへ来て第三の犬


カン太に着目して、ちょっと心配する三日月君。素敵だ。


しかも最後は当のカン太になりきってワンワンと。


人の身になって、犬の身になって、感じ取ることのできる


心の優しい女性なのです。





サネイエ(江口のりこ)


「風邪の時はさぁ誰かにそばにいてほしいって、そういう話ですよ」


サネイエさん、ナイスアシスト!





三日月君


「ウフッ。風邪ひいた彼の所にアツアツのおでんを届ける。


 二人の距離、ぐっと縮まる♪」


考えていました。もし私が霧山君だったら。


もうね、鶴太郎クラスのおでん芸を披露しますよ。





三日月君


「きーりタン。来てあげたよ〜」


キャー、タイミングも素敵。