2006年02月14日

数式で繋がった記憶

映画『燃えよドラゴン』を観終わって映画館を出た後、


観客はしばらくブルース・リーになりきっていたという。


あぁこういうことかと思った。


博士の愛した数式』を観終わった後、


私は博士(寺尾聰)になっていた。





博士の愛した数式





歩き方、仕草はもちろん、こう たたずまいが博士だった。


世界の見え方が少し変わった。


今まで通り過ぎてしまうようなことも、立ち止まって


考えることができた。


たとえば、図書館や駅などの公共の施設に置かれた銅像。


重々しい場所になればなるほど全裸の可能性が高いことに


気がついた。


人が行き交う中しばらく眺めていると、銅像とその場を


取り囲む環境とのコントラストが、陰と陽の対比を醸し


出しているようで実に趣がある。





今まで選んできた学科や職業は理数系に片寄っていたが、


私の心は常に純文学だった。


数学の公式はあまり覚えてこなかったが、ひとつだけ


忘れられない公式がある。


物理の講義で、先生が「オイラーの公式」を頻繁に口にしていた。


「オイラー、オイラー」と繰り返すたびに、なんだかその先生が


編み出した公式なのだと間違った解釈をしてしまい、その学期の


物理のテストは点数一桁だった。大学一年の春。


ほろ苦い思い出だった。





忘れかけた記憶が博士によって、ひとつよみがえった。


こうして話すことによって、記憶は無へと還っていくような気がする。


実にすがすがしい気分だ。



2006年02月12日

グッズ・ザ・時効

十文字疾風(豊原功補)


「俺の大切な人の命日なんすよ。…なんでわかったんすか」


オープニングからグイグイ飛ばすぜ。





霧山修一朗(オダギリジョー)


「熊本課長(岩松了)がいかに影響を受けたかという話は省略して」


えぇー。そこ重要なのにー。二課としては。


#「時効管理二課」よろしくお願いします.


それはそうと熊本課長の“時効”スタンプ、


そろそろうちでも揃えなくちゃですね。


あと“誰にも言いません”よカード。


この辺は二課としても押さえておきたいです。


ちなみに、霧山君が趣味で作って時効管理課に飾られた千羽鶴と


十文字さん(豊原功補)のトレンチコートは揃い済です。


二課として。





時効警察


第五話 “キッスで殺せ! 死の接吻は甘かったかも?”





三日月しずか(麻生久美子)


「あれ。霧山さん、風邪ですか? …そっかぁ」


なぜでしょう。うんうんと満面な笑顔です。


胸キュン刑事スタンバイの予感です。





三日月君


「あ、逆に。男の人は嘘つく時、キョロキョロすんのよ」


一度目の面会が終わった後の三日月君の推理、注目ですよ。


事件とは関係ない所でズバッと真理を言い当てますから。





当然キョロキョロしながら言う霧山君


「三日月君の推理は相変わらずもう凄まじいなぁ」


「嘘つくなコラッ」


あぁ、なんてカワイイお二人なのでしょう。





霧山君


「あの、チョットお話を」


本郷雪絵(奥菜恵)


「どうぞ」


あー、霧山君の次に家に入ろうとした寸前にドアを閉められて、


ぶつかる三日月君。そんなキャラ、大好きさ。





雪絵さんが話している間、おにぎりを食べ始める三日月君、


ってそれは怒られますよ。


雪絵


「あのー、お腹が空いてるなら帰ってもらえませんか」


ごもっとも。





三日月君


「カン太の役割はないのかよ。なぁ。…ワンワン」


メインのトン吉、アシストのチン平、そこへ来て第三の犬


カン太に着目して、ちょっと心配する三日月君。素敵だ。


しかも最後は当のカン太になりきってワンワンと。


人の身になって、犬の身になって、感じ取ることのできる


心の優しい女性なのです。





サネイエ(江口のりこ)


「風邪の時はさぁ誰かにそばにいてほしいって、そういう話ですよ」


サネイエさん、ナイスアシスト!





三日月君


「ウフッ。風邪ひいた彼の所にアツアツのおでんを届ける。


 二人の距離、ぐっと縮まる♪」


考えていました。もし私が霧山君だったら。


もうね、鶴太郎クラスのおでん芸を披露しますよ。





三日月君


「きーりタン。来てあげたよ〜」


キャー、タイミングも素敵。






2006年02月11日

わかって下さい

夜のドライブで流れる景色を眺めながら、


妙子(片瀬那奈)さんは何を思っていたのでしょうか。


同じ空間にいるのに、同じ時間を過ごしているのに、


どこかで空虚な気持ち。


眠れない夜が続いていく。


何を信じて、誰を信じていけばいいのか。


ほっとしたい。やわらかい時間を過ごしたい。


ようやく出会えた相手は主人(唐沢寿明)と同じく


作田カナ(紺野まひる)でした。


人を引きつける心は男女問わないということなのでしょうか。





小早川伸木の恋』第5話 “友達からの急展開”





作田カナの置き手紙


“…恋していました。”





言葉の最後がにじんでいました。


わかって下さい。


涙で文字がにじんでいたなら


わかって下さい。


#作詞・作曲:因幡晃